• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:五番町(ごばんちょう)

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:五番町(ごばんちょう)

地図

  • 設置年月日:平成15年11月7日
  • 所在地:五番町12番地

町名由来板

江戸城に入った徳川家康は、城の西側の守りを固めるために、この一帯に「大番組(おおばんぐみ)」と呼ばれる旗本(はたもと)たちを住まわせました。ここから、「番町(ばんちょう)」という地名が生まれました。
江戸城外郭門(がいかくもん)のひとつである市谷御門(いちがやごもん)(現・JR市ヶ谷駅付近)があったこの町は、旗本屋敷が整然と立ち並んでいたようです。明治時代にこの地に付けられた町名は土手三番町(どてさんばんちょう)で、五番町(ごばんちょう)と改称されたのは昭和十三年(1938年)のことです。
江戸時代は城を守る人々が起居した番町ですが、明治期には華族や官吏が住む町へと移り変わっていきます。また、ほかの番町と同様、この界隈(かいわい)も文人たちに愛された町でした。
フランスの風刺画家であったビゴーや、「婦系図(おんなけいず)」「歌行灯(うたあんどん)」などで有名な小説家の泉鏡花(いずみきょうか)も、明治時代の一時期ですがこの町の住人でした。夏目漱石(なつめそうせき)の門下生で、「山高帽子」「ノラや」などの作品で知られる小説家・内田百間(注意1)(うちだひゃっけん)は、昭和十二年(1937年)からの十年あまりをここ五番町で過ごしました。数多くの随筆で知られる百間は、「東京焼盡(とうきょうしょうじん)」のなかで、戦場ルポライターのような確かさで、空襲のさまを描写しています。彼の邸宅跡地には、現在、番町会館が建っています。また、昭和二十九年(1954年)に「驟雨(しゅうう)」で芥川賞を受賞した小説家・吉行淳之介(よしゆきじゅんのすけ)もこの五番町の住人でした。
落ち着いた風情(ふぜい)を色濃く残す五番町の趣(おもむき)は、こうした偉大な文人たちによって培われて(つちかわれて)きたものなのです。

注意1:内田百間の「間」の字は、本来は門構えに「日」でなく、「月」が入る字です。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?