• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:平河町二丁目(ひらかわちょうにちょうめ)

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:平河町二丁目(ひらかわちょうにちょうめ)

地図

  • 設置年月日:平成16年6月10日
  • 所在地:平河町二丁目1番

町名由来板

平河町(ひらかわちょう)の名前は、菅原道真(すがわらみちざね)公を祀った(まつった)平河天満宮(ひらかわてんまんぐう)が起源であるといわれています。しかし、この界隈(かいわい)が「ヒラカワ」と呼ばれるようになったのは、明治に入ってからのことです。
江戸時代のこの一帯は、旗本(はたもと)の屋敷が立ち並ぶ武家地でした。一方、この界隈には狭いながらも商人や職人が集まる町屋(まちや)も存在していました。古絵図を見てみると、武家地の北側に、湯島亀有町代地(ゆしまかめありちょうだいち)や教授所附町屋敷(きょうじゅしょつきまちやしき)、木挽町四丁目裏上納地替地(こびきちょうよんちょうめうらじょうのうちかえち)など、独特の名をもつ町が見受けられます。
また、現在の平河町二丁目16番あたりは、通称で「三軒家(さんげんや)」と呼ばれていました。町会の資料によると、この呼び名は、両替商伊勢武の田中武兵衛、三河屋酒店の磯貝善兵衛、魚や伊せ彦の永田安次郎の三軒の店から付けられたようです。三軒家をかたどった図柄は、町内の祭礼等に使う手拭(てぬぐ)いなどに印され、町のシンボルとして大切に受け継がれています。
明治二年(1869年)になると麹町平河町(こうじまちひらかわちょう)四丁目が、同五年(1872年)には麹町平河町五丁目と六丁目といった町が誕生し、この一帯の様子も大きく変わりました。旗本たちに代わって財界人や軍人、文化・芸術界の有力者や政治家が集まり住むようになったのです。明治の洋画家の草分けとして、また美術教育者としても活躍した黒田清輝(くろだせいき)や、安田財閥の安田善次郎(やすだぜんじろう)など、各界で指導的な役割を果たした人物も少なくありませんでした。
明治四十四年(1911年)、麹町平河町と呼ばれていた町が平河町と改名されました。そして昭和九年(1934年)、平河町四丁目と五丁目の一部、六丁目が合併し、平河町二丁目が生まれ、現在に至っています。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?