• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:神田司町二丁目(かんだつかさまちにちょうめ)

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:神田司町二丁目(かんだつかさまちにちょうめ)

地図

  • 設置年月日:平成16年1月11日
  • 所在地:神田司町二丁目9番地

町名由来板

かつてこの界隈(かいわい)は、おもに商人や職人が住む町として発展してきました。
江戸時代、現在の神田司町二丁目(かんだつかさまちにちょうめ)にあたるこの地域には、佐柄木町(さえきちょう)、新銀町(しんしろがねちょう)、雉子町(きじちょう)、関口町(せきぐちちょう)、三河町三丁目(みかわちょうさんちょうめ)、三河町四丁目(みかわちょうよんちょうめ)などがありました。
このうち雉子町には、「江戸名所図会」(えどめいしょずえ)を親子三代にわたって完成させたことや、「東都歳事記(とうとさいじき)」「武江年表(ぶこうねんぴょう)」などで有名な、斎藤月岑(さいとうげっしん)が住んでいました。斎藤家は代々、雉子町ほか五ヶ町の名主をつとめていました。
明治五年(1872年)、これらの町はそれぞれ正式な町名となりますが、昭和初期の区画整理の際にひとつに統合されることになります。新しい町名の命名は、江戸の総鎮守(そうちんじゅ)として親しまれる神田神社の平田盛胤宮司(ひらたもりたねぐうじ)に依頼され、「司(つかさ)」が縁起のよい文字であることから「司町(つかさまち)」と名付けられました。こうして司町二丁目は一丁目とともに誕生したのです。昭和十年(1935年)のことでした。
昭和二十二年(1947年)、神田区と麹町(こうじまち)区が合併して千代田区が成立すると、司町二丁目は神田司町二丁目となります。その後、住居表示の実施により神田司町一丁目(かんだつかさまちいっちょうめ)は内神田(うちかんだ)一丁目~二丁目の一部になりましたが、神田司町二丁目の町名は現在も引き継がれ、永く人々に親しまれています。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?