• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:神田神保町一丁目(かんだじんぼうちょういっちょうめ)(旧・表猿楽町(おもてさるがくちょう))

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:神田神保町一丁目(かんだじんぼうちょういっちょうめ)(旧・表猿楽町(おもてさるがくちょう))

地図

  • 設置年月日:平成15年8月28日
  • 所在地:神田神保町一丁目14番地

町名由来板

神田神保町一丁目(かんだじんぼうちょういっちょうめ)北部(偶数番地)のうち、このあたりは、江戸時代には一橋通小川町(ひとつばしどおりおがわまち)と呼ばれ、東側は表猿楽町(おもてさるがくちょう)と呼ばれていました。
「猿楽」とは能楽の古称です。高名な猿楽師であった観阿弥(かんあみ)・世阿弥(ぜあみ)父子によって芸術性を高めた猿楽は、江戸幕府の「式楽(しきがく)」(儀式に用いる音楽・舞踊)に指定されました。それが、観世(かんぜ)座、宝生(ほうしょう)座、金春(こんぱる)座、金剛(こんごう)座、および喜多(きた)流の「四座一流」です。
このうち観世座は、徳川家康と縁が深かったこともあり、筆頭の地位を得ていました。その家元観世太夫(かんぜだゆう)や一座の人々の屋敷がこの界隈(かいわい)にあったことから、「猿楽町」という町名が生まれたとされています。
明治五年(1872年)、この一帯に猿楽町という町名が付けられました。当時、このほかに猿楽町一丁目~三丁目、裏猿楽町、中猿楽町という町名があり、現在の神田神保町一丁目~二丁目から西神田一丁目~二丁目まで、その趣(おもむき)のある名を冠した町が広がっていたのです。
明治四十四年(1911年)、猿楽町はいったん表猿楽町となりましたが、関東大震災後の区画整理の際に、西神田一丁目と神保町一丁目に変わりました。神保町という町名は、江戸時代に神保長治(じんぼうながはる)という旗本(はたもと)が住んだことに由来しています。
また、この区画整理で、町割(まちわり)も変わりました。道路を中心にしてその両側が町域になる、「両側町(りょうがわちょう)」という伝統的な方式が採用されました。そのため、靖国通りをはさんで南に奇数、北に偶数の番地が交互に振られているのです。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?