• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:神田錦町三丁目(かんだにしきちょうさんちょうめ)(錦町三丁目町会)

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:神田錦町三丁目(かんだにしきちょうさんちょうめ)(錦町三丁目町会)

地図

  • 設置年月日:平成16年3月30日
  • 所在地:神田錦町三丁目3番地

町名由来板

江戸時代、この界隈(かいわい)は武家地で、「錦小路(にしきこうじ)」と呼ばれていました。一色(いっしき)という名の旗本(はたもと)の家が二軒あったことから「二色(にしき)小路」、そしていつのころからか「錦」の字に置きかわり「錦小路」となったわけです。そのほか、京都にある錦小路にあやかったとも、この地にあった護持院(ごじいん)に、錦のように美しい虫を祀った(まつった)弁財天堂(べんざいてんどう)があったためとも言い伝えられています。
護持院は、もともと真言宗(しんごんしゅう)筑波山(つくばさん)中禅寺(ちゅうぜんじ)知足院(ちそくいん)の別院として、紺屋町(こんやちょう)にあった寺でした。当時、住職をつとめていた隆光(りゅうこう)は、五代将軍徳川綱吉(つなよし)の絶大な信任をうけ、貞享(じょうきょう)年間(1684年~1688年)に、現在の神田錦町から一(ひと)ツ橋(ばし)にかけての広大な地を与えられ、さらに元禄(げんろく)九年(1696年)には、護持院という称号が贈られています。
ところが享保(きょうほう)二年(1717年)、大火によって護持院は跡形もなく焼けてしまいます。江戸城のすぐ北で燃えさかった火事に、幕府関係者はよほど肝(きも)をひやしたのでしょう。護持院はここに再建することを許されず、大塚の護国寺(ごこくじ)(現・文京区)へと移されます。護持院と周辺の武家屋敷の跡地は火除地(ひよけち)(延焼防止の空き地)とされ、「護持院原(ごじいんはら)」と呼ばれるようになりました。当初、将軍の鷹狩(たかがり)などがおこなわれていましたが、その後、散策路として町人たちにも開放されました。
神田錦町三丁目(かんだにしきちょうさんちょうめ)の町名が正式に生まれたのは、明治五年(1872年)のことです。明治時代になると、この広い土地を利用して大学などの教育機関が立ち並ぶようになります。幕府の開成所(かいせいじょ)の流れをくむ開成学校(のちの東京大学)や東京外国語学校(のちの東京外国語大学)、学習院がこの地にありました。
明治四十四年(1911年)、いったん錦町三丁目と変わりますが、昭和二十二年(1947年)にはふたたび神田錦町三丁目となり、現在に至っています。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?