• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:神田栄町(かんださかえちょう)

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:神田栄町(かんださかえちょう)

地図

  • 設置年月日:平成16年2月29日
  • 所在地:外神田五丁目1番

町名由来板

ここはかつて、神田栄町(かんださかえちょう)と呼ばれていました。
江戸時代には武家屋敷が立ち並んでいた地域で、幕末のころの絵図には、この一帯が豊前小倉(ぶぜんこくら)藩小笠原(おがさわら)家の中屋敷(なかやしき)となっていたことが記録されています。ちなみに中屋敷とは、上屋敷(かみやしき)(本宅)に対する控えの屋敷のことで、跡継ぎなどが居住しました。
この界隈(かいわい)が大きく様相を変えたのは明治維新後のことです。明治二年(1869年)十二月、神田相生町(かんだあいおいちょう)から出た火事によって、現在の外神田(そとかんだ)周辺は焼け野原となってしまいました。そこで明治新政府は、神田竹町(かんだたけちょう)、神田平河町(かんだひらかわちょう)、神田松永町(かんだまつながちょう)などに、防火のための空き地(火除地(ひよけち))を設置します。それらの町に住んでいた人たちがこの界隈に移転させられ、神田栄町ができたのです。「栄」という名前は、住民が町の繁栄を祈願して付けた町名であるといわれています。
明治四十四年(1911年)、町は栄町と改称しますが、昭和二十二年(1947年)、神田区と麹町(こうじまち)区が合併して千代田区が成立した際、ふたたび神田栄町となりました。そして昭和三十九年(1964年)、住居表示の実施で神田亀住町(かんだかめずみちょう)や神田元佐久間町(かんだもとさくまちょう)とともに、現在の外神田五丁目(そとかんだごちょうめ)となりました。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?