• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:神田佐久間町三丁目(かんださくまちょうさんちょうめ)

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:神田佐久間町三丁目(かんださくまちょうさんちょうめ)

地図

  • 設置年月日:平成16年1月21日
  • 所在地:神田佐久間町三丁目21番地(佐久間公園)

町名由来板

江戸時代、この界隈(かいわい)には町人地と武家の屋敷地とが混在していました。「佐久間町(さくまちょう)」の名前の由来は、佐久間平八(さくまへいはち)という材木商が住んでいたことに由来するとされています。
江戸は火事の多い町として知られていますが、とくに享保(きょうほう)年間(1716年~1736年)には、幾度となく大火に見舞われました。そのたびに町の一部に火除地(ひよけち)や代地(だいち)が設けられて南北に分断され、住民は移転を余儀なくされました。
大正十二年(1923年)の関東大震災では、住民が一致団結して火事と闘いました。猛烈な勢いで襲ってくる火の手に、住民たちは力をあわせてバケツリレーをおこない、町を守りました。三十時間にもおよんだ命がけの消火活動のかいあって、佐久間町から和泉町(いずみちょう)にかけての一帯は奇跡的に延焼をまぬがれたのです。
この由来板が立っている佐久間公園は、ラジオ体操会発祥(はっしょう)の地としても知られています。「国民保険体操のラジオ放送(のちのラジオ体操)」が開始されてまもなく、昭和五年(1930年)に万世橋(まんせいばし)警察署の巡査が地域の住民を集め、全国に先がけてこの公園で早起きラジオ体操会を始めました。これを記念して同公園には由来を記した碑が建立(こんりゅう)されています。
神田佐久間町三丁目は、江戸時代から続く由緒ある町名です。長い歴史に培われた(つちかわれた)強い連帯感で結ばれた住民たちは、力をあわせて町を守り抜いてきたのです。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?