• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:九段三丁目(くだんさんちょうめ)

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:九段三丁目(くだんさんちょうめ)

地図

  • 設置年月日:平成15年9月5日
  • 所在地:九段南三丁目9番

町名由来板

江戸時代のはじめ、この界隈(かいわい)は番町(ばんちょう)と呼ばれていました。江戸城を守る大番組(おおばんぐみ)の旗本(はたもと)たちの屋敷が、城の西側一帯にあったことがその由来とされています。東西、南北に走る道筋に「~番町通」と付けられ、屋敷の場所が分かるようになっていました。番町は、一番町から六番町まであり、現在の靖国通りのこの道筋は「三番町通(さんばんちょうどおり)」といわれていました。
安政(あんせい)年間(1854年~1860年)に書かれた古文書をひもとくと、このあたりの住人として、六千石を拝領していた高井但馬守(たかいたじまのかみ)や五千五百余石を拝領していた坪内伊豆守(つぼうちいずのかみ)などの名が記されています。それらの屋敷は、明治維新後、華族や官吏たちの邸宅として利用されました。
明治二年(1869年)、正式な町名として「三番町」が生まれました。当時の三番町は、現在の九段三丁目(くだんさんちょうめ)と九段四丁目(くだんよんちょうめ)の二町会にまたがる町でした。あまりに広すぎたためか、三丁目は上三番町(かみさんばんちょう)、四丁目は下三番町(しもさんばんちょう)と俗称され、上三番町は料亭など、下三番町は仕出屋(しだしや)などが集まってともに発展していきました。関東大震災の復興期、上三番町といわれていた部分に、富士見町三丁目(ふじみちょうさんちょうめ)と四番町(よんばんちょう)の一部をあわせて、「九段三丁目」が誕生しました。
町内には、明治二年(1869年)、東京招魂社(とうきょうしょうこんしゃ)ができ、明治十二年(1879年)に、靖国神社と改称されました。現在、同社には戊辰戦争(ぼしんせんそう)以来の戦争などで命を落とした方々が祀られ(まつられ)ています。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?