• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:六番町(ろくばんちょう)

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:六番町(ろくばんちょう)

地図

  • 設置年月日:平成16年5月28日
  • 所在地:六番町14番地

町名由来板

江戸城に入った徳川家康は、城の西側の守りを固めるために、この一帯に「大番組(おおばんぐみ)」と呼ばれる旗本(はたもと)たちを住まわせました。ここから、「番町(ばんちょう)」という地名が生まれました。
現在の番町小学校が建っている場所には、かつて定火消(じょうびけし)(消防)の役屋敷(やくやしき)があり、のちに上野小幡(こうずけおばた)藩上屋敷(かみやしき)となりました。四谷御門(よつやごもん)寄りの広い敷地には、尾張(おわり)藩付家老(つけがろう)成瀬隼人正(なるせはやとのかみ)の上屋敷がありました。明治以降は、下六番町(しもろくばんちょう)という町名になり、昭和十三年(1938年)から現在の六番町になりました。
明治から大正・昭和にかけては、数多くの文化人や高級官僚の住宅地として発展しました。「破戒(はかい)」「夜明け前」の島崎藤村(しまざきとうそん)、「婦系図(おんなけいず)」「天守物語(てんしゅものがたり)」の泉鏡花(いずみきょうか)、アララギ派の歌人島木赤彦(しまきあかひこ)、「或る女(あるおんな)」の有島武郎(ありしまたけお)、「三田文学」で活躍した水上瀧太郎(みなかみたきたろう)、「父帰る」の菊池寛(きくちかん)、「多情仏心(たじょうぶっしん)」の里見とん(注意1)(さとみとん)、「百鬼園随筆(ひゃっきえんずいひつ)」の内田百間(注意2)(うちだひゃっけん)など、多くの作家たちが居を構えました。また、印象派を紹介した画家で作家でもあった有島生馬(ありしまいくま)、エコール・ド・パリで活躍した画家の藤田嗣治(ふじたつぐはる)、歌舞伎俳優の初世中村吉右衛門(なかむらきちえもん)、初世市川猿翁(いちかわえんおう)、二世中村又五郎(なかむらまたごろう)、三世市川猿之助(いちかわえんのすけ)、長唄の吉住慈恭(よしずみじきょう)などの芸術家も六番町の住人でした。
かつては日本の近代的女性を育んだ(はぐくんだ)明治女学校、日本の歌壇の中心的存在であったアララギ出版所、菊池寛が創立した文藝春秋社もあり、白樺派(しらかばは)の誕生にかかわった有島邸や若い作家たちが集った鏡花邸など、まさに六番町から、日本の近代文学や芸術が開花したといっても過言ではありません。

注意1:「とん」の漢字は、閲覧環境によっては正しく表示されない場合があります。「弓偏に享」という字です。
注意2:「間」の字は、本来は「門構えに日」でなく、「月」が入る字です。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?