• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:多町二丁目(たちょうにちょうめ)

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:多町二丁目(たちょうにちょうめ)

地図

  • 設置年月日:平成16年11月13日
  • 所在地:神田多町二丁目4番地

町名由来板

慶長(けいちょう)八年(1603年)、徳川家康は荒涼たる武蔵国(むさしのくに)、江戸に幕府を開いて全国支配の中心とするとともに、神田・日本橋・京橋で町づくりを始めました。
寛永(かんえい)年間(1624年~1644年)以前に成立した町を江戸古町(えどこちょう)といい、神田には二十二の古町がありました。慶長十一年(1606年)に起立した「田町」も江戸古町のひとつであり、神田で三番目にできた町です。現在の町名表記は「多町」ですが、町ができた当時は「田町」でした。神田はもともと低湿地帯で、「田町」も田を埋め立ててできた町と考えられています。
慶長(1596年~1615年)のころ、田町一丁目(現・多町二丁目)にできた青物(野菜)市は、草創名主(くさわけなぬし)(江戸成立期からの名主)の河津五郎太夫(かわづごろうだゆう)が開いたとされ、それは明暦(めいれき)の大火(1657年)後に大きく発展し、江戸幕府御用市場となりました。市場の繁栄と町の賑(にぎ)わいとともに、町名も「多町」へと変わりました。相対取引(あいたいとりひき)(話し合いで取引すること)で栄えた神田青物市場は、昭和三年(1928年)に秋葉原(あきはばら)へと移転するまで約二百七十年間続きました。市場は、江戸・東京の食を供給しつつ、粋(いき)な気負いの「神田っ子」といわれる気質を形成する源にもなっていました。
関東大震災後に道路や町が整備され、昭和八年(1933年)には町名地番が改編されます。これによって三百三十年続いた(旧)多町一丁目と(旧)多町二丁目などが合併してできた町会が、現代の多町二丁目町会です。当時、新たにつくられた(新)多町一丁目は、昭和四十一年(1966年)の住居表示の実施で内神田三丁目に編入されたために、今は多町二丁目だけになりました。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?