• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:大和町(やまとちょう)

ここから本文です。

更新日:2014年11月11日

町名由来板:大和町(やまとちょう)

地図

  • 設置年月日:平成16年02月29日
  • 所在地:岩本町二丁目13番

町名由来板

江戸時代のはじめまで、この界隈(かいわい)は、武家屋敷が立ち並び、通称「元誓願時前(もとせいがんじまえ)」と呼ばれていました。
この地が「大和町(やまとちょう)」と呼ばれるようになったのは、享保(きょうほう)年間(1716年~1736年)のことです。もともと竜閑橋(りゅうかんばし)(現在の内神田二丁目(うちかんだにちょうめ)にあった橋)の北側にあった大和町に住む人々が、ここに代地(だいち)を与えられ移転してきたため、大和町代地となりました。
幕末のころには、この町から隣の東竜閑町(ひがしりゅうかんちょう)にかけて、駄菓子問屋(だがしどんや)が数百軒ほど軒(のき)をつらね、ずいぶん賑わって(にぎわって)いたようです。またここには、蝋燭(ろうそく)やべっこう細工(こうざいく)、箪笥(たんす)などをつくる職人も多く住んでいました。
明治二年(1869年)、大和町代地は、神田元柳原六丁目(かんだもとやなぎはらろくちょうめ)、神田久右衛門町二丁目(かんだきゅうえもんちょうにちょうめ)代地、神田佐久間町四丁目(かんださくまちょうよんちょうめ)代地、横山町三丁目(よこやまちょうさんちょうめ)代地と合併して、神田大和町(かんだやまとちょう)となりました。
明治四十四年(1911年)に町名はいったん大和町と変わりますが、昭和二十二年(1947年)、神田区と麹町(こうじまち)区が合併し千代田区になると、ふたたび神田大和町に戻ります。そして昭和四十年(1965年)、住居表示の実施により周辺の町の一部と合併して岩本町二丁目(いわもとちょうにちょうめ)になりました。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?