• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 文化・スポーツ > 文化 > 千代田区町名由来板 > 町名由来板:町名から探す > 町名由来板:四番町(よんばんちょう)

ここから本文です。

更新日:2016年8月23日

町名由来板:四番町(よんばんちょう)

地図

  • 設置年月日:平成16年3月30日
  • 所在地:四番町5番地

町名由来板

江戸城に入った徳川家康は、城の守りを固めるため、この一帯に「大番組(おおばんぐみ)」と呼ばれる旗本(はたもと)たちを住まわせました。ここから「番町(ばんちょう)」という地名が生まれました。
江戸時代のこの界隈(かいわい)は、武家屋敷が立ち並んでいました。安政(あんせい)五年(1858年)の日米修好通商条約で、幕府側の代表のひとりであった井上信濃守清直(しなののかみきよなお)もこの町の住人でした。清直は、初代の外国奉行であり、条約締結に尽力しました。
明治時代になると、中央政庁に近く便利な場所だったために、華族(かぞく)や官吏(かんり)の邸宅地となりました。政治家の島田三郎(しまださぶろう)や、首相を務めた若槻礼次郎(わかつきれいじろう)の邸宅もありました。
また、町内には自由民権運動の指導者であった中江兆民(なかえちょうみん)が主宰(しゅさい)した仏蘭西(ふらんす)学舎(のちに仏学塾と改称)もあり、新時代を担(にな)う若者たちの活気で満ちあふれていました。
歌人の与謝野鉄幹(よさのてっかん)、晶子(あきこ)夫妻も、明治四十四年(1911年)から大正四年(1915年)にかけて、このあたりに住んでいました。鉄幹が発行した雑誌「明星(みょうじょう)」からは、北原白秋(きたはらはくしゅう)や石川啄木(いしかわたくぼく)ら数多くの詩人、歌人が輩出しています。
明治、大正、昭和、激しく揺れ動いた時代を鋭い視点で見つめた人々が、この四番町に集まっていたといえるでしょう。

お問い合わせ

地域振興部コミュニティ総務課コミュニティ係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4180

ファクス:03-3264-7989

メールアドレス:komisoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?