• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 注意が必要な健康関連情報 > 中東地域を中心に中東呼吸器症候群(MERS)が発生しています

ここから本文です。

更新日:2016年3月25日

中東地域を中心に中東呼吸器症候群(MERS)が発生しています

中東地域を中心に中東呼吸器症候群(MERS)の発生が報告されていますが、平成27年5月11日に韓国で、中東地域に渡航歴のある方のMERSが報告されました。中東地域への渡航を予定している方や帰国された方は、感染や感染拡大の予防にご注意ください。

中東呼吸器症候群(MERS)とは

2012年に初めて確認された新種のコロナウイルスによる感染症です。

MERSの症状は

発熱・咳・息切れなどです。下痢などの消化器症状を伴う場合もあります。高齢の方、糖尿病、慢性肺疾患などの基礎疾患がある方は、重症化することもあります。

MERSの感染経路は

人がどのようにしてMERSに感染するかはまだ正確にはわかっていませんが、季節性インフルエンザのように、人から人に次々に感染することはないと言われています。ヒトコブラクダが感染源のひとつであるとされていますが、家族間や医療機関における患者間、医療従事者間などの感染報告がされています。

MERSの予防と治療は

現在MERSに対するワクチンはなく、マスクの着用や手洗いなど、インフルエンザと同様の感染予防方法によります。MERSへの特別な治療法もなく、症状に応じた対症療法が中心です。

流行地域に旅行を予定している場合は、次の関連ページなどで、事前に注意事項を確認してください。

中東地域から帰国後14日以内に、38℃以上の発熱と咳を伴う急性の呼吸器症状が出た場合は、保健所にご相談ください。

関連するホームページ

MERSに関する問合せ

千代田保健所健康推進課感染症対策係
電話番号:03-5211-8173(平日の午前8時30分~午後5時15分)
夜間・休日の問合せは、東京都医療機関案内サービス「ひまわり」(電話番号03-5272-0303)をご利用ください。

お問い合わせ

千代田保健所健康推進課感染症対策係

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-14 

電話番号:03-5211-8173

ファクス:03-5211-8192

メールアドレス:kenkousuishin@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?