• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

地震体験車の運行

千代田区では、地震体験車への乗車を希望する、区内団体や事業所等の申し込みを受け付けています。

体験乗車を通じて地震の怖さを知り、「自宅で、会社で、学校で起こったら」など様々な状況を想定して、身の安全を守るためには何をすべきか、皆さん自身で考えてください。

平成29年4月から車体等を一新し、地震体験車として生まれ変わりました。

新しい地震体験車には次の機能が加わりました。

  1. 地震の揺れが前後、上下、左右の三方向
  2. 地震に連動した映像と効果音
  3. 緊急地震速報と連動した地震体験
  4. 仮想地震プログラム体験
  5. 英語による説明アナウンス

写真:地震体験者の全体

写真:地震体験車内部

この他にも、熊本地震や東日本大震災などの過去に発生した様々な地震や、最大震度7までの連続地震が体験できます。

運行に必要なスペース

地震体験車の運行には、駐車スペースに加え乗り降りするスペースが必要です。

更新に伴い地震体験車運行に必要なスペースが次のとおりとなります。これまでの起震車より広いスペースが必要です。注意してください。

新地震体験車の大きさ
全幅2.20メートル×全長6.77メートル×全高3.40メートル(旧起震車:全幅2.08メートル×全長6.18メートル×全高3.45メートル)

  • 乗降スペース
    安全のため、地震体験車の周囲に2メートル程度のスペースが必要です。屋根までの高さは、3.7メートル以上確保してください。

申し込みができる団体

千代田区内の事業所・学校・町会・マンション等の団体

申し込みに必要な書類

(注意) 地図をその著作者の許可を受けずに無断で使用すると、著作権を侵害することになりますので注意してください。国土地理院地図(電子国土web)(外部サイトへリンク)を利用してください。

申込方法

  • 1.希望日の3か月前から希望日前月の20日(土曜日・日曜日・祝日にあたる場合は、直前の開庁日)までに、電話で仮予約をしてください。
    (電話受付時間:平日の午前8時30分~午後5時)
    ただし、期間内に仮予約ができない場合でも、状況により体験乗車が可能な場合がありますので、相談してください。
  • 2.仮予約が取れしだい、速やかに上記の書類をファクスまたは持参により提出してください。

ご注意

  1. 体験乗車は、防災訓練(自衛消防訓練)として利用する場合に限ります。原則、イベント等では利用できません。
  2. 地震体験車を道路上に駐車(乗降スペースも含みます)する場合は、申請者が各道路管理者に道路占用許可、警察署に道路使用許可の届出を出してください。
  3. その他、地震体験車利用注意事項(PDF:108KB)地震体験車乗車方法(PDF:68KB)をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策経営部災害対策・危機管理課 

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4187

ファクス:03-3264-1673

メールアドレス:saigaitaisaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?