• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ここから本文です。

更新日:2016年11月14日

印鑑登録・証明書

種類・手数料

 

種類

単位

手数料

1

印鑑登録証

1件

50円

2

印鑑登録証明書

1通

300円

印鑑登録証や登録した印鑑の紛失、改印等により、新たな登録を行う場合は手数料50円が必要です。

印鑑登録

お取り扱い窓口

(1)総合窓口課

(2)各出張所

登録申請できる方

  1. 千代田区に住民登録がある15歳以上の方(成年被後見人を除く)。
  2. 代理人
    • 代理人による登録では、委任状(PDF:124KB)等が必要となります。
    • 代理人による登録では、即日登録はできません。

登録できる印鑑

  1. 印影の1辺の長さが8ミリの正方形より大きく、25ミリメートルの正方形に収まるもの
  2. 住民基本台帳に記載されている「氏」または「名」あるいは「氏名」を彫ったもの
    (職業、資格、その他氏名以外の事項をあわせて彫ったものは登録できません)
    (外国籍の方は、登録のある通称・併記名・カタカナ表記の印鑑も登録できます)
  3. 輪郭が欠けていたり印面が摩滅していなくて、判読が困難でないもの
  4. ゴム、プラスチックのような変形・摩滅しやすい材質でないもの

注意

  • 登録できる印鑑は一人1個です。また、同じ印鑑を複数人で登録することはできません。
  • 大量生産印(いわゆる三文判)や指輪印などは、登録印としては不適当ですので、できる限り避けてください。
  • 逆彫り(文字が白ヌキになる)印鑑は、登録できません。
  • 印鑑の文字や、その組み合わせ等について、登録できるかどうか疑問がある場合は総合窓口課へお問い合わせください。

本人が登録を行う場合の手続き

注釈:本人確認の方法により、即日と数日かかる場合があります。

(1)文書照会による本人確認(即日登録できません)

申請時(第一段階)【必要なもの】
  1. 登録する印鑑
  2. 本人確認書類(保険証等)
  • 登録申請をされるとご自宅に「照会書」を送付します。
  • 照会書が届きましたら、回答書に必要事項を記入のうえ、再度ご来庁ください。
登録完了時(第二段階:必ず申請を行った窓口で手続きを行ってください)【必要なもの】
  1. 回答書
  2. 登録する印鑑
  3. 本人確認書類(保険証等)

(2)免許証等の本人確認書類による本人確認(即日登録できます)【必要なもの】

  1. 登録する印鑑
  2. 官公署が発行する顔写真付きの免許証・許可証・証明書
    (運転免許証、パスポート、個人番号カード、在留カードなど)【有効期限内のものに限ります】

(3)保証人による本人確認(即日登録できます)【必要なもの】

  1. 登録する印鑑
  2. 本人確認書類(保険証等)
  • 保証人とご本人が一緒に来庁されることが必要です。
  • 保証人は、都内にお住まいで印鑑登録をされている方です。
  • 申請書にある保証書欄に保証人の署名・押印(登録印)が必要です。
  • 保証人が千代田区以外にお住まいの場合、印鑑証明書(3か月以内の発行のもの)が必要です。

代理人が登録を行う場合の手続き

(1)文書照会による本人確認(即日登録できません)

申請時(第一段階)【必要なもの】
  1. 登録する印鑑
  2. 委任状(PDF:124KB)
  3. 代理人の本人確認書類(保険証等)
  • 登録申請をされるとご本人のご自宅に「照会書」を送付します。
  • 照会書を受け取りましたら、必要事項を記入の上、再度ご来庁ください。
登録完了時(第二段階:必ず申請を行った窓口で手続きを行ってください)【必要なもの】
A)本人が来庁する場合
  1. 回答書
  2. 登録する印鑑
  3. 本人確認書類(保険証等)
B)代理人が来庁する場合
  1. 本人が自署した「回答書」(代理人選任通知の欄も記入)
  2. 登録する印鑑
  3. 登録する本人の「本人確認書類」(保険証等)
  4. 代理人の本確認書類(保険証等)
  5. 代理人の印鑑(認印)

委任状について

  • 代理人による手続きには、印鑑登録(廃止・改印等)をされるご本人の委任状(PDF:124KB)が必要です。
  • 委任状は、特定の書式はありませんが、次のことを明記してください。
    1. あて先「千代田区長あて」
    2. 委任者の住所、氏名(自署・押印)、生年月日
    3. 代理人の住所、氏名
    4. 委任する内容、用件(例)印鑑登録申請

印鑑登録証についての注意事項

  • 印鑑登録証は、印鑑登録証明書を発行するときに必要ですので、大切に保管してください。
  • 登録してある印鑑または印鑑登録証を紛失したときは、すぐに届け出てください。
  • 印鑑登録証には登録番号を表示し、万が一紛失したときの盗用を防ぐため、住所、氏名、印影などは記載しません。

印鑑の廃止・亡失・改印

お取り扱い窓口

(1)総合窓口課

(2)各出張所

手続きの種類

(1)印鑑登録廃止申請

  • 印鑑登録を廃止したい時、印鑑を紛失してしまった時、改印したい時に申請してください。
  • 新たに印鑑登録を行う場合は、別途、印鑑登録の手続きが必要となります。
  • 千代田区から転出される場合は、転出届の手続きにより印鑑登録の廃止処理を行います。

(2)印鑑登録証亡失届

  • 印鑑登録証を紛失してしまった時に届け出てください。
  • 新たに印鑑登録を行う場合は、別途、印鑑登録の手続きが必要になります。

注意

その他の手続きについてはお問い合わせください。

手続きできる方・必要なもの

(1)印鑑登録をされている方【必要なもの】

  1. 印鑑登録証(紛失した場合は2のみお持ちください)
  2. 来庁される方の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証、健康保険証等)

(2)代理人【必要なもの】

  1. 印鑑登録証(紛失した場合は2・3のみお持ちください)
  2. 来庁される方の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証、健康保険証等)
  3. 委任状(PDF:124KB)

注意

  • 本人以外の方が手続きを行う場合は委任状(PDF:124KB)が必要です。
  • 新たに印鑑登録を行う場合は、別途、印鑑登録の手続きが必要となります。

委任状について

  • 代理人による手続きには、印鑑登録(廃止・改印等)をされるご本人の委任状(PDF:124KB)が必要です。
  • 委任状は、特定の書式はありませんが、次のことを明記してください。
    1. あて先「千代田区長あて」
    2. 委任者の住所、氏名(自署・押印)、生年月日
    3. 代理人の住所、氏名
    4. 委任する内容、用件(例)印鑑登録申請

印鑑登録証明書

お取り扱い窓口

(1)総合窓口課

(2)各出張所

請求できる方・必要なもの

(1)印鑑登録をされている方【必要なもの】

  1. 印鑑登録証

(2)代理人【必要なもの】

  1. 印鑑登録証
  2. 来庁される方の本人確認書類(個人番号カード、運転免許証、健康保険証等)

注意

  • 印鑑登録証をお持ちにならないと、印鑑登録証明書の交付はできません。
  • 登録した印鑑をお持ちいただく必要はありません。
  • 代理人が手続きを行う場合、委任状は必要ありませんが、窓口にて申請書を記載していただきますので、証明書の対象となる方の住所・氏名・生年月日をご確認のうえ、ご来庁ください。

交付の手続き

  1. 窓口に備え付けの申請書に1.証明書の対象となる方の住所・氏名・生年月日等、2.来庁された方の氏名、住所、連絡先等をご記入ください。
  2. 窓口の職員に提出された後に、職員が申請書の内容確認、申請者の確認をさせていただいたうえで交付します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部総合窓口課管理係(証明担当)

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4199

ファクス:03-3264-0210

メールアドレス:sougoumadoguchi@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?