• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成25年プレスリリース > 平成25年3月プレスリリース > 平成25年3月25日 「ちよだ生物多様性推進プラン」を策定~皇居から広がる生き物ネットワーク、自然と共生した都心のまちを目指して~

ここから本文です。

更新日:2013年3月25日

平成25年3月25日 「ちよだ生物多様性推進プラン」を策定~皇居から広がる生き物ネットワーク、自然と共生した都心のまちを目指して~

※このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

写真:「ちよだ生物多様性推進プラン」冊子

千代田区は、自然との共生による地域社会の持続的な発展を目指して、生物多様性基本法に基づく生物多様性地域戦略として「ちよだ生物多様性推進プラン」を策定しました。

千代田区では平成22年から約1年間かけて区内の自然環境の特性と現状を把握するため「区内の生き物調査」を実施しました。

これらの知見を基に、平成23年度から有識者や公募区民からなる外部委員会(千代田区生物多様性推進会議)と関係課長級職員による庁内委員会「千代田区生物多様性推進検討会」を立ち上げ、戦略の中身について具体的な検討を重ねてまいりました。

平成24年8月には、地域戦略の原案となる素案に対するパブリックコメントを実施し、そこに寄せられた意見を踏まえ、今般、千代田区の生物多様性地域戦略「ちよだ生物多様性推進プラン」の策定に至りました。

環境・温暖化対策課では「都心区としては初めての地域戦略策定です。皇居の豊かな自然のある都心から生物多様性保全の活動を発信していきます。今後は生物多様性に関するシンポジウムを開催するなど、様々な機会をとらえ、地域戦略の中身や生物多様性保全の大切さについて広く周知・啓発していきます。」と話しています。

プランの概要は以下のとおりです。

1 目指す将来像

(1)長期目標(2050年)

『皇居を中心とする豊かな生き物ネットワークが、周辺地域に広がるとともに、誰もが生物多様性の重要性を理解し、行動する社会』を目指します。

千代田区の生物多様性の保全とその取組みを進める上で、東京23区随一の豊かな自然である皇居の存在を切り離して考えることはできません。千代田区は、国や東京都、周辺の区と連携して、皇居を核とする豊かな生き物ネットワークを周辺に広げることで生物多様性の向上に努めます。

(2)短期目標(2020年)

目標1:残された豊かな生物多様性の維持

目標2:生育・生息地の創出と生態系ネットワーク形成により生き物の存在を身近に

目標3:劣化した生育・生息地の改善

目標4:生物多様性の恩恵への理解と生物多様性に配慮した行動の浸透

目標5:区民、事業者、行政等、あらゆる主体が連携、協働できる仕組みの構築

(3)エリアごとの将来像

地域ごとの特徴から4つのエリアに分け、それぞれのエリアごとの将来像を示しました。

  • 皇居・内堀エリア
    引き続き皇居周辺の生物多様性が守られ、北の丸公園などの豊かな自然に多くの人々が親しみ利用しています。
  • 住宅街・外堀エリア(麹町・番町・富士見地区)
    点在する街なかの小さな緑地と外濠や靖国神社などの大きな緑地がつながり、生き物のネットワークが戸山公園や目白台に向けた広がりを形成しています。
  • 商業地域エリア(神田・秋葉原地区)
    企業敷地などに緑地が増えるとともに、神田川・日本橋川では水辺の自然が改善され、人々は身近な自然に親しんでいます。
  • 官公庁・大手企業エリア(大手町・丸の内・有楽町地区)
    企業や公共施設の敷地に生物多様性に配慮した場所が増え、皇居や日比谷公園の生態系が浜離宮などへ広がっています。

2 各主体の役割

目標達成のために区が担う役割を明確にするとともに、区内で活動する様々な主体に期待する役割を示しました。

3 行動計画

短期目標として設定した5つの目標について、それを達成していくための行動計画を定め、各主体に求められる具体的行動を示しました。

4 推進体制と進行管理

(1)各主体の連携による推進

各団体との連携を図るための連絡会を開催し、活動状況の報告や情報共有を行っていきます。

(2)進捗状況の管理

既に設置した生物多様性推進会議(外部委員で構成する会議体)と生物多様性推進検討会(区の関連部署で構成する会議体)の2つの会議体を中心に継続的に行動計画の進捗を管理していきます。また、定期的なモニタリング調査を実施し、区内の生物多様性の状況把握に努めます。

(3)戦略本体の見直し

推進プランの目標や内容は、短期目標の2020年を目途に、社会情勢を踏まえながら見直し改善していきます。

問い合わせ

千代田区 環境・温暖化対策課 電話:03-5211-4255

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?