• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成25年プレスリリース > 平成25年6月プレスリリース > 平成25年6月6日 通学路を色鮮やかな花でいっぱいに~児童・大学生等400名が番町学園通りで花植え~

ここから本文です。

更新日:2013年6月6日

平成25年6月6日 通学路を色鮮やかな花でいっぱいに~児童・大学生等400名が番町学園通りで花植え~

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

写真:花植えの様子

フラワーロードの会(代表・田中康博、三番町町会会長)は、6月6日、番町学園通り(千代田区三番町、大妻女子大学~区立九段小学校)で、千代田区のアダプト制度を利用した花植えを行いました。

花植えには、区立九段小学校(校長・鈴村邦夫、千代田区三番町16)全校児童310名をはじめ、大妻女子大学学生、地元企業、地元三番町町会などから総勢約400名が参加。全長290mの歩道に設置された40箇所の植樹枡に、色鮮やかなマリーゴールド・サルビアを、合わせて1,500鉢植えました。

九段小学校では、さまざまな行事で、1年生~6年生縦割りの「フレンズ班」(全12班)で活動をしています。今回も、6年生がリーダーとなって、下級生に花の植え方や水のやり方などを教えながら、地域の方と一緒に花植えを楽しみました。

九段小学校の児童は「花植えは初めてです。難しかったけど6年生が優しく教えてくれました」(女子)と、大妻女子大学の学生は「地域の小学生と触れ合う機会はほとんどないので、よい機会でした。楽しかったです」と話していました。

アダプト制度とは

アダプト制度は、区が管理する道路や公園等の公共施設の一部について、協定に基づき、町会や企業、団体等が自発的、自主的に管理・清掃を行うものです。

千代田区は、環境美化活動の推進と道路や公園などの公共施設がより身近なものとなること、さらに、活動を通じて地域の方々相互の交流を図ることを目的に、平成14年度からアダプト制度を導入しています。

現在、早稲田通りや清水谷公園などの道路・公園で、19団体が花植え、清掃などの活動を行っています。

問い合わせ

まちづくり推進部道路公園課 電話 03-5211-4243

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?