• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成25年プレスリリース > 平成25年6月プレスリリース > 平成25年6月12日 「都心の暮らしと生物多様性」C・W・ニコルさんを招きシンポジウムを開催~「ちよだ生物多様性シンポジウム」に160名参加~

ここから本文です。

更新日:2013年6月13日

平成25年6月12日 「都心の暮らしと生物多様性」C・W・ニコルさんを招きシンポジウムを開催~「ちよだ生物多様性シンポジウム」に160名参加~

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

写真:ちよだ生物多様性シンポジウムの様子

千代田区では、平成25年6月12日、日比谷図書文化館で「ちよだ生物多様性シンポジウム」を開催しました。

3月に策定した「ちよだ生物多様性推進プラン」を記念するとともに、6月の環境月間に合わせ皇居をはじめとする豊かな都心の自然の大切さを考えながら、生物多様性について理解を深めるきっかけとなればと開催したものです。

シンポジウムは、2部構成で行われ、第1部では、「心に木を植える」と題して、C・W・ニコルさん(作家)の基調講演がありました。長野県信濃町の荒廃した放置森を甦らせた「アファンの森」の経験や活動などを通して、生物多様性の大切さが紹介されました。

続いて、第2部のパネルディスカッションでは、「都心の暮らしと生物多様性」をテーマとして、これからも豊かな生活を続けていくためには、日々の生活がどれだけ生物多様性に支えられているのかに気づき、また、今後どのような取組みをしたら良いのかをそれぞれの立場から意見交換をしました。

なお、シンポジウムは、日比谷図書文化館地下1階のコンベンションホールで開催され、160名が参加しました。

シンポジウムの概要

1 開催日時

平成25年6月12日(水曜日) 16時30分~19時00分

第1部

基調講演「心に木を植える」C・W・ニコルさん

第2部

パネルディスカッション「都心の暮らしと生物多様性」~考えよう!千代田区だからできること~

パネリスト
  • C・W・ニコルさん(作家)
  • 浦嶋裕子さん(三井住友海上火災保険(株)総務部地球環境・社会貢献室)
  • 亀山 章さん(東京農工大学名誉教授)
  • 高野孝子さん(特定非営利活動法人ECOPLUS代表理事)
コーディネーター
  • 増澤 直さん((株)地域環境計画)

2 会場

日比谷図書文化館 地下1階 コンベンションホール

(千代田区日比谷公園1-4)

問合せ

環境・温暖化対策課 電話:03-5211-4253

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?