• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成25年プレスリリース > 平成25年6月プレスリリース > 平成25年6月30日 東京會舘クッキングスクールで「親子わくわく料理教室」を開催~小学生と親がシェフの料理に挑戦~

ここから本文です。

更新日:2013年7月1日

平成25年6月30日 東京會舘クッキングスクールで「親子わくわく料理教室」を開催~小学生と親がシェフの料理に挑戦~

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

写真:親子わくわく料理教室の様子1 写真:親子わくわく料理教室の様子2

千代田区では、6月30日(日曜)「ちよだ食育ネットワーク」の食育出前講座の一環として、小学生とその保護者を対象に恒例の「親子わくわく料理教室」を開催しました。

「ちよだ食育ネットワーク」は、食育を通じて、楽しみながら互いに学び、協力し、地域のつながりを広めていくことを目的として、平成19年に作られました。食育に関心のある区民、学校、企業などが、それぞれの枠を超えて情報交換や交流を行い、様々な活動を通じて区の食育を推進しています。

今回の催しは、食育推進月間である6月に、区民等に料理をつくる楽しさを感じてもらえるよう、プロのシェフに教わりながら親子で協力して料理に挑戦するもので、平成20年から開催しています。

会場となった東京會舘クッキングスクール(千代田区丸の内3-2-1)には、小学生3年生から6年生までとその保護者21組42名が集まりました。

講師は、同クッキングスクール教頭の梅崎信正さんです。

はじめに、本日の献立のロールキャベツ、コーンクリームスープ、いちごのケーキの作り方について、実演を交えながらわかりやすく解説してくれました。

その後は、12のテーブルに分かれて、さっそく料理に挑戦。参加した子供たちは、慣れない手つきながらも、野菜を刻んだり、キャベツで具を包んだりと、親子で熱心に料理に取り組んでいました。

また、試食会では、自分たちの料理に舌鼓を打ちながら会話も弾み、参加した親子は楽しいひと時を過ごしていました。

参加した児童は「包丁を使うのが初めてでこわかったけど楽しかった。」(男子)「今日習ったことを今度お家でも挑戦してみます。」(女子)などと話していました。

また、参加した保護者は「これから夏休みなので、どんどんお家でも手伝ってほしいと思います。」(女性)「普段あまり料理をしないので、これを機に少しでも料理ができたらと感じました。」(男性)などと話してくれました。

問合せ

千代田保健所健康推進課 5211-8177

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?