• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成25年プレスリリース > 平成25年10月プレスリリース > 平成25年10月10日 10月20日千代田区で初めての子猫の譲渡会を開催します

ここから本文です。

更新日:2013年10月10日

平成25年10月10日 10月20日千代田区で初めての子猫の譲渡会を開催します

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

写真:子猫1

千代田区では、飼い主のいない猫に心痛める地域のボランティアの皆さんと協同で、猫を保護、去勢不妊手術を実施、そして地域に戻す、いわゆるTNRを実施することを通して、地域環境の向上や、動物愛護への理解促進の面で大きな成果を上げて来ました。

保護される猫の中には、若い猫や子猫が少なくありません。千代田区内で保護された猫のうち、約4割が子猫です。飼い猫になれる可能性を持つこうした猫たちに対しては、地域に戻す選択肢もありますが、飼い主が見つかって譲渡できたなら、より良い選択肢になります。

このたび、ボランティアの自主グループ「ちよだニャンとなる会」が中心となり、区が支援する形で、千代田区では初めて、区内で保護された猫の譲渡会を開催します。

写真:子猫2 写真:子猫3

1 日時

平成25年10月20日(日曜日)正午から午後4時まで

2 場所

岩本町ほほえみプラザ1階 多目的ホール(岩本町2-15-3)

3 詳細(実施方法等)

  1. この日参加する猫は、生後2.5か月から7か月くらいまでで、約10頭参加します。ワクチン接種、駆虫済、猫エイズ・猫白血病陰性、一部の例外を除いて去勢不妊手術実施済みです。
  2. 譲渡会に参加するにあたっての費用、譲渡が決まって譲渡する際の費用などはかかりません。
  3. 譲渡会当日は、猫との面会のみで、譲渡希望する場合は、会場で担当者と面談していただきます。
  4. 猫にとって良好な飼育環境が整えられる方に譲渡されます。
  5. 譲渡会は、獣医師の監修のもとで、極力猫にストレスを与えないように運営します。

4 譲渡された猫の飼育方法

譲渡された猫について守ることとして、ちよだニャンとなる会では以下の5点をあげています。

  1. 完全室内飼育すること(ベランダにも出さない)
  2. 去勢不妊手術未実施の猫の場合は、手術をすること
  3. 定期的な健康診断とワクチン接種をすること
  4. 新しい猫を迎える場合は、慣らすためにもケージ飼育を2週間程度お願いすることがあります。
    その際、無料でケージの貸し出しもしています。
  5. 譲渡決定後は、ボランティアがご自宅まで猫をお届けするため、譲渡対象エリアは東京近郊とさせていただきます。

5 確認事項について

譲渡会は、事前申込制として、chiyodanyan28@gmail.com で受付しています。メールには、下記の記入をお願いしています。

  • お名前
  • 参加人数
  • ご住所
  • 電話番号
  • これまでの猫の飼育歴や譲渡会に参加される理由をお書きください。

問い合わせ

  • 千代田区地域保健課地域保健係 電話:03-5211-8164
  • ちよだニャンとなる会 電話:090-8033-9065

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道主査

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?