• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成25年プレスリリース > 平成25年12月プレスリリース > 平成25年12月10日 「千代田区区民会議からの提言書」を区長へ提出~区民目線からの個性的な提案134個を盛り込む~

ここから本文です。

更新日:2013年12月10日

平成25年12月10日 「千代田区区民会議からの提言書」を区長へ提出~区民目線からの個性的な提案134個を盛り込む~

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

写真:「千代田区区民会議からの提言書」提出式の様子

千代田区では12月9日に、「千代田区区民会議からの提言書」提出式を開催し、区民会議に参加した在住・昼間区民が、区民会議で出された提案をとりまとめた提言書を区長へ提出しました。

この区民会議は、平成26年度を最終年度とする「(改定)千代田区第3次基本計画」の改定に先立ち、区の課題や将来像について区民同士が議論する会議で、本年8月から9月にかけて計3日間開催しました(区民会議の概要は別紙1のとおり)。この会議では、全体で6テーマについて、区民同士が活発に議論を交わし、多くの提案が出されました。

提言書では、「誰もが生涯にわたって住み続けられるまちとは?」などの6つのテーマにかかわる3日間の議論の成果が取りまとめられ、区民が三世代にわたり定着して住み続けられるようにすることの重要性を訴えた「江戸っ子になれるように!」や、区内の安全にかかわる情報を住民参加により吸い上げる仕組みづくりを提案する「みんなでつくる安全・安心」など、区民目線からの134の個性的な提案が盛り込まれています。

提言書の提出後には、参加者と区長とが懇談を行いました。参加者からは「治安が良く住みやすい」、「日本の中心としてのブランド力があり、住み、働くことに誇りがもてる」といった区の魅力や、「マンションの一人暮らし高齢者等に対する居住者相互の支援体制が整っていない」といった区の課題に関する意見など、区長と活発に意見交換がされました。

千代田区では、今回提出された提言書の内容等を参考にしながら、今後基本計画の改定作業を進めていきます。

資料

問合せ

政策経営部企画調整課(電話:03-5211-4168)
政策経営部広報広聴課(電話:03-5211-4170)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?