• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成29年プレスリリース > 平成29年9月プレスリリース > 平成29年9月4日 共同企画特別展 新発見「江戸始図」関連展示「松江城と江戸城-国宝になった城と天下人の城-」~関連講座・展示解説・文化財めぐりも~

ここから本文です。

更新日:2017年9月4日

平成29年9月4日 共同企画特別展 新発見「江戸始図」関連展示「松江城と江戸城-国宝になった城と天下人の城-」~関連講座・展示解説・文化財めぐりも~

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

千代田区は、「松江城歴史的価値発信事業実行委員会」(会長 松浦正敬 松江市長)と共同で、特別展「松江城と江戸城-国宝になった城と天下人の城-」を9月19日(火曜日)から11月19日(日曜日)まで開催します。

2017年2月、島根県松江市が所蔵する徳川家康が築城して間もない時期の江戸城の絵図「江戸始図(えどはじめず)」が新聞各紙で紹介されました。江戸城の城郭構造を描いた絵図では最古級で、不明な点が多かった築城時の姿を知るうえで、全国的に見ても珍しい資料です。

今回の特別展は、松江市所蔵の「江戸始図」をはじめ、様々な資料をもとに、「家康が目指した国づくり」「慶長年間に建築された国宝松江城」「天下人の城としての江戸城」の3つのキーワードで紐解きます。特に江戸城の歴史では、これまで謎とされてきた“家康の江戸城”を絵図や現存する遺構に基づき、その実態に迫ります。

共同企画特別展の概要

会期

9月19日(火曜日)~11月19日(日曜日) 注釈:10月16日(月曜日)は休館日

時間

  • 平日:午前10時~午後8時 注釈:初日(9月19日)は式典終了後から入場予定
  • 土曜日:午前10時~午後7時
  • 日曜日・祝日:午前10時~午後5時

会場

区立日比谷図書文化館(千代田区日比谷公園1-4)1階特別展示室

入場料

無料(ただし、熊本城再建の募金箱を会場内に設置)

展示の特徴

  1. 「江戸」を通じて、他の自治体と共同開催する展示は千代田区初
  2. 「江戸始図」の展示は、東日本初
  3. 江戸城を知るうえで貴重な資料を合わせて展示
    「江戸始図」:徳川家康が築城した直後の最古級の絵図とされる。松江市所蔵
    「慶長江戸図」:都立中央図書館所蔵
    江戸城本丸御殿松之廊下と大広間をモニターでCG再現
  4. 熊本城再建の募金箱を展示室内に設置

写真:江戸始図

展示のねらい

徳川家康は、慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いに勝利した後、慶長8年(1603)江戸に幕府を開き、翌年、全国の諸大名を動員した天下普請を発令し、江戸城築城に着手しました。その後を引き継いだ二代将軍秀忠、三代将軍家光は、平和の世の到来のもと“政治の場”としての天下人の城を整備し、全国屈指の巨大城郭「江戸城」を完成させました。

千代田区には、特別史跡江戸城跡をはじめ、史跡江戸城外堀跡、史跡常盤橋門跡、田安門、清水門、外桜田門といった国の重要文化財が所在する他、江戸城に関連する遺跡も数多く分布しています。千代田区に所在する江戸城関連の文化財は、首都東京が歴史的な都市であったことを示す重要な歴史遺産といえます。

今回の展示を通じて、現代の都市の礎を築いた近世城郭の歴史に触れ、江戸城をめぐる一助となり、千代田区と松江市の歴史を知るきっかけとなればと考えます。

関連イベント

1.講座(定員:各200名 会場:日比谷図書文化館地下1階 大ホール)

  1. 江戸時代初期の江戸城と大名屋敷
    日時:10月10日(火曜日)午後7時~
    講師:後藤 宏樹(千代田区学芸員)応募締め切り:9月30日(土曜日)消印有効
  2. 江戸城本丸御殿の建築
    日時:10月23日(月曜日)午後7時~
    講師:小粥 祐子 氏(東京都公文書館)応募締め切り:9月30日(土曜日)消印有効
  3. 松江城天守と雛形
    日時:11月5日(日曜日)午後2時~
    講師:山田 由香里 氏(長崎総合科学大学教授)応募締め切り:10月15日(日曜日)消印有効
  4. 家康の江戸城-「江戸始図」の歴史的意義-
    日時:11月12日(日曜日)午後2時~
    講師:千田 嘉博 氏(奈良大学教授)応募締め切り:10月15日(日曜日)消印有効
  5. 日比谷カレッジ 江戸の武家地景観 -江戸図屏風をよむ-
    日時:11月17日(金曜日)午後7時~
    講師:波多野 純 氏(日本工業大学名誉教授)応募締め切り:10月15日(日曜日)消印有効

2.文化財めぐり

江戸城登城ウォーク(定員各30名)

  1. 11月3日(金曜日・祝日)午後1時30分~ 講師:後藤 宏樹(千代田区教育委員会)
  2. 11月4日(土曜日)午後1時30分~ 講師:相場 峻(千代田区教育委員会)
    応募締め切り:10月15日(日曜日)消印有効
江戸城登城ウォーク各講座 共通事項
  • 参加費:800円(資料代)
  • 申込み:往復はがきに1.イベント名、2.氏名、3.年齢、4.電話番号を記載し、各応募締め切り日までに「日比谷図書文化館文化財事務室(〒100-0012 千代田区日比谷公園1-4)」へ申し込む。申し込み多数の場合は抽選。

3.展示解説(無料・申し込み不要。直接会場へ)

  1. 10月10日(火曜日)午後6時~
  2. 10月23日(月曜日)午後6時~
  3. 11月5日(日曜日)午後1時~
  4. 11月12日(日曜日)午後1時~
  5. 11月17日(金曜日)午後6時~の全5回

オープニングセレモニー

特別展示室入口にて、千代田区長、松江市副市長らによるテープカットを行います。

  • 日時:9月19日(火曜日)午前10時10分~
  • 会場:区立日比谷図書文化館(千代田区日比谷公園1-4)1階特別展示室

お問い合わせ

千代田区立日比谷図書文化館 文化財事務室(電話番号:03-3502-3348)
松江市歴史まちづくり部松江歴史館(電話番号:0852-55-5511)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道主査

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?