• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成29年プレスリリース > 平成29年11月プレスリリース > 平成29年11月17日 障害者福祉手当(難病分)を誤支給

ここから本文です。

更新日:2017年11月17日

平成29年11月17日 障害者福祉手当(難病分)を誤支給

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

このたび、難病医療費助成受給者証等の有効期間が終了(資格喪失)している区民10名に、誤って障害者福祉手当(区制度)合計2,584,000円を支給(過払い)していたことが判明しました。

障害者福祉手当は、身体障害者手帳1~3級または愛の手帳1~4度の方のほか、脳性麻痺または進行性筋萎縮症の方、難病医療費助成を受けている一定の所得制限内の方などに月額15,500円を年4回(5月・8月・11月・2月)に分けて支給するものです。

本年8月、対象者の所得状況調査を行った際、未申告者の中に支給要件である難病医療費助成受給者証等の有効期間が終了している方が確認されました。そのため、9月に難病を理由に障害者福祉手当を受給している方の医療受給者証有効期限を東京都に照会しました。その結果、10名について、障害者福祉手当の支給要件を満たしていないにもかかわらず、手当を支給していたことが判明しました。

調査結果

  1. 誤って手当が支給されていた期間
    • 平成27年1月~平成29年7月
  2. 誤って支給されていた人数及び金額
    • 10人 合計2,584,000円(1人当たり 93,000円~480,500円)

区の対応

誤支給者に対し、謝罪と事情を説明するとともに、誤って支給した手当の返還をお願いしてまいります。

再発防止策

  • 事務処理マニュアルを再点検、整備します。
  • 事務処理にあたってチェック体制を強化します。
  • 対象者に対して支給要件(認定期間切れは支給しないこと)を周知徹底します。
  • 難病医療費助成受給者証の有効期限が切れた対象者に対し更新の案内をします。

お問い合わせ

千代田区 障害者福祉課(電話番号:03-5211-4128)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道主査

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?