• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成30年プレスリリース > 平成30年11月プレスリリース > 平成30年11月5日 古書で紐解く近現代史セミナー第32回 番町とともに歩んだ塙保己一~『群書類従』を編纂した大国学者の足跡~

ここから本文です。

更新日:2018年11月5日

平成30年11月5日 古書で紐解く近現代史セミナー第32回 番町とともに歩んだ塙保己一~『群書類従』を編纂した大国学者の足跡~

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

日比谷図書文化館では、12月9日(日曜日)に古書で紐解く近現代史セミナー第32回「番町とともに歩んだ 塙保己一~『群書類従』を編纂した大国学者の足跡~」を開催します。

1819(文政2)年に『群書類従』を刊行したことで知られる 国学者・塙保己一(1764-1821年)は、表六番町(現在の千代田区三番町)に「和学講談所」を設立しました。ここでは、1868(慶応4)年に廃止されるまで国典の教授や出版事業が行われていました。今回の講座では、「和学講談所」を中心に、塙保己一の生涯と国学者としての事績を紹介します。(協力:公益社団法人温故学会/塙保己一物語劇化実行委員会)

講師

齊藤 幸一(公益社団法人温故学会代表理事)

荒井 一夫(総検校塙保己一先生遺徳顕彰会事業部委員)、根岸 久(脚本家)

開催概要

日時

平成30年12月9日(日曜日)午後2時~3時30分(午後1時30分開場)

会場

日比谷図書文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)

定員

200名(事前申込順、定員に達し次第締切)

参加費

1,000円(千代田区民・学生500円)

(注釈) 住所が確認できるもの、または学生証をお持ちください。

申込方法

ホームページの申込フォーム、電話(03-3502-3340)、来館(1階受付)いずれかにて、1.講座名、2.お名前(ふりがな)、3.電話番号をご連絡ください。

関連展示

内田嘉吉が所有した『群書類従』―日本における書誌学のはじまり―

塙保己一の事業の紹介と古代から江戸初期まで史書・文学作品を集め、日本における書誌学のはじまりともいえる一大叢書『群書類従』をエピソードと共に展示しています。

会期

開催中~12月28日(金曜日)

(注釈) 休館日11月19日(月曜日)、12月17日(月曜日)

開室時間

平日午前10時~午後8時、土曜午前10時~午後6時、日曜・祝日午前10時~午後4時

会場

日比谷図書文化館4階特別研究室 入場無料

お問い合わせ

千代田区立日比谷図書文化館 広報室

電話番号:03-3502-3342
ファクス:03-3502-3341
日比谷図書文化館ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?