• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成31年・令和元年プレスリリース > 令和元年10月プレスリリース > 人工衛星によるリモートセンシングの最前線~地球観測衛星「だいち」シリーズによる災害対応と防災活動~(令和元年10月7日配信)

ここから本文です。

更新日:2019年10月7日

人工衛星によるリモートセンシングの最前線~地球観測衛星「だいち」シリーズによる災害対応と防災活動~(令和元年10月7日配信)

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

日比谷図書文化館では講演会『人工衛星によるリモートセンシングの最前線~地球観測衛星「だいち」シリーズによる災害対応と防災活動~』を開催します。

JAXAの地球観測衛星ALOS(だいち)は、東日本大震災の画像を地球へ送り続け、被災状況把握に貢献しました。後継機であるALOS-2(だいち2号)は、現在も地球のデータを地上へ送信し、地上でデータが受信・解析されて、大規模災害の状況把握や防災分野に利活用されています。

昨今、自然災害に関する防災意識が高まる中で、どのように人工衛星の眼が地球を見守り、世界各国の人工衛星が連携して、データが役立てられたのか。今後打ち上げられる地球観測衛星はどのような役割を担うのか。人工衛星の実物のパーツや画像の解析例を紹介しながら、開発者と研究者が一般の方にも分かりやすくお話しします。

講師

  • 度會 英教(わたらい ひでのり)さん(JAXA第一宇宙技術部門 先進光学衛星プロジェクトチーム ファンクションマネージャ)
  • 山本 彩さん(一般財団法人 リモート・センシング技術センター 研究開発部 部長)

開催概要

日時

令和元年10月31日(木曜日)午後7時~8時30分(午後6時30分開場)

会場

日比谷図書文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)

定員

200名(事前申込順、定員に達し次第締切)

参加費

1,000円

申込方法

ホームページの申込フォーム、電話(03-3502-3340)、来館(1階受付)いずれかにて、1.講座名、2.お名前(ふりがな)、3.電話番号をご連絡ください。

お問い合わせ

日比谷図書文化館
〒100-0012 日比谷公園1-4
電話番号:03-3502-3340
ファクス:03-3502-3341
ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?