• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 広報 > プレスリリース > 平成31年・令和元年プレスリリース > 令和元年11月プレスリリース > ギアナ高地とドイルの「失われた世界」―作家の想像力とイギリス探険帝国主義(令和元年11月5日配信)

ここから本文です。

更新日:2019年11月5日

ギアナ高地とドイルの「失われた世界」―作家の想像力とイギリス探険帝国主義(令和元年11月5日配信)

このページは、上記日付によるプレスリリース(報道機関への情報提供)を掲載したものです。現在の事業等をお知らせする内容とは限りませんので、ご注意ください。

日比谷図書文化館では「ギアナ高地とドイルの『失われた世界』―作家の想像力とイギリス探険帝国主義」を開催します。

1912年刊行のコナン・ドイルのSF恐竜小説「失われた世界」では動植物の名称、素晴らしい自然の描写など正確に描かれギアナ高地・ロライマ山も広く知れ渡るようになりロングセラー小説となりました。

この地を訪れていないドイルはどのように情報を収集したのでしょうか。またドイルの想像力はどこからきているのか、19世紀イギリス探険の記録と小説との関係とは。

今回、歴史研究者・山田篤美氏がドイルの想像力の秘密に迫ります。

講師

山田 篤美さん(歴史研究者)

京都大学卒業、オハイオ州立大学修士課程修了。専門はグローバル・ヒストリーにおける探険史、真珠史、黄金史。

「黄金郷(エルドラド)伝説―スペインとイギリスの探険帝国主義」(中公新書、現在電子版で販売)は、講師がベネズエラ・ギアナ高地の三年間の滞在時に、その地の産金地帯や前線基地を回り、埋もれた侵略の歴史を明らかにしたもの。今回の講演のベースでもある。

他の著書に、「ムガル美術の旅」(朝日新聞社)や「真珠の世界史―富と野望の五千年」(中公新書)など。ベネズエラは真珠史との関わりが深く、今日、真珠業界・宝石業界を中心に真珠の歴史についての講演会も多数実施している。

開催概要

日時

令和元年11月28日(木曜日)午後7時~8時30分(開場:午後6時30分)

会場

日比谷図書文化館地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)

定員

200名(事前申込順、定員に達し次第締切)

参加費

1,000円

申込方法

ホームページの申込フォーム、電話(03-3502-3340)、来館(1階受付)いずれかにて、下記1~3をご連絡ください。

  1. 講座名
  2. お名前(ふりがな)
  3. 電話番号

お問い合わせ先

日比谷図書文化館
〒100-0012 日比谷公園1-4
電話番号:03-3502-3340
ファクス:03-3502-3341
ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

政策経営部広報広聴課報道担当

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4172

ファクス:03-3239-8604

メールアドレス:chiyoda@city.chiyoda.tokyo.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?