• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 区政 > 施策・計画 > 情報政策 > マイナンバー制度 > マイナンバー通知カードをお受け取りにならなかった方へ

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

マイナンバー通知カードをお受け取りにならなかった方へ

  • 現在、転入・転居・転出のお手続きに多数の方が来庁されているため、通知カードのお渡しにはお時間をいただく場合があります。時間に余裕をもってご来庁ください。
  • 平成27年中に返戻した通知カードのお渡しは、平成28年3月末で終了しました。

郵便局での保管期間内に通知カードをお受け取りにならなかった方へ

郵便局での保管期間内に受け取りがされなかったマイナンバー通知カードは、郵便局より千代田区に返戻されています。ご来庁のうえ受け取りをお願いします。通知カードの再配達は行いませんが、身体が不自由であるなどやむを得ない事情がある方はご相談ください。

返戻した通知カードは、返戻の日から3か月間保管します。保管期間終了後は、返戻した通知カードは廃棄となります。廃棄後に通知カードの受取を希望する場合は再交付扱いとなり、所定の再交付手数料(500円)がかかりますのでご注意ください。

返戻された通知カードを本人または同一世帯の方が受領する場合

本人確認書類の提示が必要です(次のA表の書類の場合1点、B表の書類の場合は2点必要です)(コピー不可)。

本人確認書類

A表

官公庁発行の写真付きの本人確認書類

運転免許証・運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたものに限る)・パスポート・顔写真つきの住民基本台帳カード・身体障害者手帳・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳・在留カード・特別永住者証明書・一時庇護許可書・仮滞在許可書・海技免状・電気工事士免状・無線従事者免許証・動力車操縦車運転免許証・運航管理者技能検定合格証明書・猟銃空気銃所持許可証・特種電気工事資格者認定証・認定電気工事従事者認定証・耐空検査員の証・航空従事者技能証明書・宅地建物取引士証・船員手帳・戦傷病者手帳・教習資格認定証など

B表

上記以外の本人確認書類

健康保険証・医療受給者証・介護保険被保険者証・年金手帳・年金証書・児童扶養手当証書・特別児童扶養手当証書・生活保護受給者証・預金通帳・社員証・学生証など

返戻された通知カードを代理人が受領する場合

次の全ての書類の提示が必要です。

  1. 本人(受領する通知カードに記載されている方)の本人確認書類(上記A表の場合1点、B表の場合は2点必要です)(コピー不可)
  2. 代理権を証する書類(コピー不可)
  3. 代理人の本人確認書類(上記A表の場合1点、B表の場合は2点必要です)(コピー不可)
  4. 法定代理人の場合は戸籍謄本または法定代理人であることを証する書類(注意1)
  5. 任意代理人の場合は、委任状など代理権を確認できる書面(注意2)

(注意1)

  • 概ね3か月以内に発行された書類をお持ちください。
  • 本籍地が千代田区で法定代理人であることが確認できる場合、または本人と法定代理人が同一世帯かつ親子の関係にあることが住民票で確認できる場合は、戸籍謄本等を省略できる場合があります。
  • 成年後見人の場合は、登記事項証明書または選任審判書と確定証明書

(注意2)

  • 概ね1か月以内に作成された書類をお持ちください。

「あて所たずね当たらず」で通知カードが千代田区に返戻されている方へ

通知カードのお渡しができるのは、千代田区内に住民票を有し、現に千代田区内にお住まいの方だけです。「あて所たずね当たらず」で通知カードが返戻された方には、後日区よりご案内をお送りします。ご案内が届きましたら、ご自身に該当するケースを確認のうえ、必要な手続きをお願いします。 なお、この場合も返戻した通知カードの保管期間は3か月間となり、廃棄後に通知カードの受付を希望する場合は再交付扱い(有料)となります。

ケース1:居住しているにも関わらず「あて所たずね当たらず」となった場合

表札が出ていないなどの理由で郵便局がお住まいの事実を確認できなかったケースや、転送届が出されているため転送不要で返戻されたケースなどが考えられます。返戻された通知カードは、返戻の日から3か月間は区役所2階総合窓口課で保管していますので、次の書類を持参のうえ来庁いただき、受け取りをお願いします。

本人または同一世帯の方が受領する場合

  1. 区からお送りしたご案内
  2. 本人確認書類(次のA表の場合1点、B表の場合は2点必要です)(コピー不可)
  3. 住民票上の住所に居住している(または所有・占有している)事実が分かるもの(コピー不可)
    例:公共料金の領収書・賃貸借契約書・建物登記事項証明書など
本人確認書類

A表

官公庁発行の写真付きの本人確認書類

運転免許証・運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたものに限る)・パスポート・顔写真つきの住民基本台帳カード・身体障害者手帳・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳・在留カード・特別永住者証明書・一時庇護許可書・仮滞在許可書・海技免状・電気工事士免状・無線従事者免許証・動力車操縦車運転免許証・運航管理者技能検定合格証明書・猟銃空気銃所持許可証・特種電気工事資格者認定証・認定電気工事従事者認定証・耐空検査員の証・航空従事者技能証明書・宅地建物取引士証・船員手帳・戦傷病者手帳・教習資格認定証など

B表

上記以外の本人確認書類

健康保険証・医療受給者証・介護保険被保険者証・年金手帳・年金証書・児童扶養手当証書・特別児童扶養手当証書・生活保護受給者証・預金通帳・社員証・学生証など

代理人が受領する場合

  1. 区からお送りしたご案内
  2. 本人(受領する通知カードに記載されている方)の本人確認書類(上記A表の場合1点、B表の場合は2点必要です)(コピー不可)
  3. 代理権を証する書類(コピー不可)
  4. 法定代理人の場合は戸籍謄本または法定代理人であることを証する書類(注意1)
  5. 任意代理人の場合は、委任状など代理権を確認できる書面(注意2)
  6. 代理人の本人確認書類(上記A表の場合1点、B表の場合は2点必要です)(コピー不可)
  7. 住民票上の住所に居住している(または所有・占有している)事実が分かるもの(コピー不可)
    例:公共料金の領収書・賃貸借契約書・建物登記事項証明書など

(注意1)

  • 概ね3か月以内に発行された書類をお持ちください。
  • 本籍地が千代田区で法定代理人であることが確認できる場合、または本人と法定代理人が同一世帯かつ親子の関係にあることが住民票で確認できる場合は、戸籍謄本等を省略できる場合があります。
  • 成年後見人の場合は、登記事項証明書または選任審判書と確定証明書

(注意2)

  • 概ね1か月以内に作成された書類をお持ちください。

ケース2:やむを得ない事情があり、住民票上の住所にいない

東日本大震災の被災者、DV・ストーカー・児童虐待の被害者、病院・施設に入居中の独居者で、やむを得ず住民票上の住所で受取ができない方は、居所申請を行ってください。返戻した通知カードを居所に送付します。詳しくは東日本大震災による被災者、DV・ストーカー行為・児童虐待等の被害者、一人暮らしの長期入院入所者の方で、事前に居所登録申請手続を行うことができなかった方へのページをご覧ください。

(注釈)すでに返戻した通知カードの保管期間が過ぎている場合は、窓口で通知カードの再交付申請(有料)が必要になります。

ケース3:住民票上の住所に既に居住していない

住民票上のご住所に既にお住まいでない方には、通知カードをお渡しすることはできません。

新住所で通知カードの再交付申請を行ってください。

注意

  • 平成28年1月以降に住民票を移した場合、通知カードの交付を受けるには手数料(500円)が必要となります。
  • 所定のお手続きがなされない場合は、住民票を職権で消除する場合があります。

通知カードの保管・受取窓口

千代田区役所2階 総合窓口課(出張所では受け取ることができません)

受取可能な時間(日曜日・祝日・年末年始は閉庁)
平日:午前9時~午後6時30分
土曜日:午前9時~午後4時30分

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部総合窓口課住民記録係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4200

ファクス:03-3264-0210

メールアドレス:sougoumadoguchi@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?