• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ここから本文です。

更新日:2016年3月16日

高度利用地区

「高度利用地区」は、市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図るための地区です(都市計画法第9条)。

以下の4つの項目で制限を定めることにより、敷地の統合を促進し、建築物の大規模化、共同化を図り、さらに建築物の周囲に空地を確保して市街地環境の向上を図っています。

  1. 容積率の最高限度と最低限度の指定
  2. 建蔽率の最高限度の指定
  3. 建築面積の最低限度の指定
  4. 壁面の位置の制限の指定

都市再開発法第3条により、市街地再開発事業の施行区域は高度利用地区内でなければならないとされており、高度利用地区に指定されると、簡易な建築物(主要構造部が木造、鉄骨造、コンクリートブロック造、その他これらに類する構造であって、階数が2以下で、かつ地階を有しない建築物で容易に移転または除却できるもの)以外は、高度利用地区に定められた内容に適合する建築物しか建てられません。

このように高度利用地区に指定されると、建築制限がかかることになりますが、容積率の割増が認められるほか、固定資産税の軽減(都市再開発法第138条)といった税制上の優遇措置や資金の斡旋その他の援助(同条第2項)を受けることができます。

お問い合わせ

環境まちづくり部景観・都市計画課都市計画主査

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-3610

ファクス:03-3264-4792

メールアドレス:keikan-toshikeikaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?