• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ここから本文です。

更新日:2016年3月16日

特定街区

特定街区とは、都市機能の更新や、優れた都市空間の形成・保全を図ることを目的に、都市計画法、建築基準法の制限を適用せず、街区単位に都市計画を定め、民間の建築等を個々に承認する制度です。

有効な空地の確保など、市街地の整備改善の程度に応じて容積率の割増しが受けられます。総合設計制度に類似していますが、総合設計制度は適用条件がより汎用的であり、都市計画としての全体的視点が弱いため、近隣等と問題が発生する場合もあります。

総合設計制度が民間主体の敷地レベルであるのに対し、特定街区制度は街区レベルの都市計画色が濃いものといえます。隣接する複数の街区を一体的に計画する場合には、街区間で容積移転することができるのが特徴です。例えば、歴史的建築物等の保全・修復の際には容積率の割増が受けられるため、その分を隣接する街区に移転(余った容積率を、隣接街区に上乗せすること)でき、歴史的建築物の保全をしながら、土地の高度利用が可能になります。

特定街区の事例としては霞が関ビルや新宿の超高層ビル街、池袋サンシャイン60などがあります。

特定街区の都市計画で定めるもの

容積率の最高限度、高さの最高限度、壁面の位置の制限(都市計画法第8条3項2号リ)

特定街区内の建築物では適用除外となる建築基準法の規定

容積率、建ぺい率、敷地面積の最低限度、日影規制、道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限等(建築基準法第60条3項)

お問い合わせ

環境まちづくり部景観・都市計画課都市計画主査

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-3610

ファクス:03-3264-4792

メールアドレス:keikan-toshikeikaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?