• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > イベントカレンダー > 人工衛星によるリモートセンシングの最前線 ~地球観測衛星「だいち」シリーズによる災害対応と防災活動~

ここから本文です。

更新日:2019年10月5日

人工衛星によるリモートセンシングの最前線 ~地球観測衛星「だいち」シリーズによる災害対応と防災活動~

画像:人工衛星

©JAXA

日時

2019年10月31日(木曜日)午後7時~8時30分(開場:午後6時30分)

会場

名称

日比谷図書文化館地下1階 コンベンションホール(大ホール)

住所

日比谷公園1-4

定員

200名(申込順)

内容

人工衛星はどのように地球を見守っているのか。
地球観測衛星を使った災害対応と防災活動について最前線の話を聞きます。

費用・料金

1,000円

講師

度會 英教さん(JAXA第一宇宙技術部門 先進光学衛星プロジェクトチーム ファンクションマネージャ)
山本 彩さん(一般財団法人リモート・センシング技術センター 研究開発部 部長)

申込み

ホームページ(関連リンク参照)、電話または来館で日比谷図書文化館1階受付へ。

主催者

日比谷図書文化館

お問い合わせ

日比谷図書文化館
電話番号:03-3502-3340

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?