トップページ > イベントカレンダー > 日比谷図書文化館 特別展 複製芸術家 小村雪岱~装幀と挿絵に見る二つの精華~

更新日:2020年12月7日

ここから本文です。

日比谷図書文化館 特別展 複製芸術家 小村雪岱~装幀と挿絵に見る二つの精華~

画像:泉鏡花「日本橋」千章館、1914年

泉鏡花「日本橋」千章館、1914年

日時

  • 2021年1月22日(金曜日)から2021年2月14日(日曜日)
  • 2021年2月16日(火曜日)から2021年3月14日(日曜日)
  • 2021年3月16日(火曜日)から2021年3月23日(火曜日)

月曜日~木曜日:午前10時~午後7時、金曜日:午前10時~午後8時、土曜日:午前10時~午後7時、日曜日・祝日:午前10時~午後5時(入室は閉室の30分前まで)
休館日:2月15日(月曜日)、3月15日(月曜日)

会場

名称

日比谷図書文化館1階 特別展示室

住所

日比谷公園1-4

内容

文豪・泉鏡花は大正3年9月に書き下ろしで「日本橋」を発表します。この本で装幀家としてデビューしたのが小村雪岱でした。鏡花の小説世界を愛した若き無名の日本画家は、その画号「雪岱」も鏡花によって授けられ、以後、装幀家としてばかりでなく、挿絵画家としても活躍し、その独自の画風は後に「雪岱調」と言われました。
本展では日本画家という出自でありながら装幀家、挿絵画家という職能で活躍した雪岱の仕事に注目し、特に挿絵画家としての仕事については当時の雑誌をふんだんに展示したうえで、複製芸術家としての雪岱の世界を堪能していただきます(監修:真田 幸治)。

費用・料金

区内在住者・中学生以下の方、障害者手帳などをお持ちの方とその付き添いの方(1名まで)は無料、高校・大学生200円(各種証明書の提示が必要)、その他の方300円

主催者

日比谷図書文化館

お問い合わせ

日比谷図書文化館
電話番号:03-3502-3340

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?