トップページ > イベントカレンダー > 明治大学図書館コレクション】発禁本と城市郎~明治大学所蔵「城市郎文庫」から解き明かす発禁本の実態」~

更新日:2022年5月10日

ここから本文です。

明治大学図書館コレクション】発禁本と城市郎~明治大学所蔵「城市郎文庫」から解き明かす発禁本の実態」~

本講座では、そもそも「発禁」とはいかなるものであったのか、処分の多様性を確認し、「発禁本」が流通した理由、「発禁本」コレクターの城 市郎さんとはいかなる人物であったのかを明らかにします。さらに「発禁」が行われた時代状況と思想信条の自由、表現の自由の問題を考えたいです。

画像:明治大学図書館コレクション発禁本と城市郎 明治大学所蔵「城市郎文庫」から解き明かす発禁本の実態」

日時

  • 2022年5月28日(土曜日)午前10時30分から12時

一部(発禁本とは):午前10時35分~11時15分
二部(城市郎コレクションについて):午前11時15分~12時

会場

名称

明治大学(オンライン)

住所

神田駿河台1-1

対象

どなたでも

定員

480名(先着順)

内容

「明治大学和泉図書館に所蔵されている「城市郎文庫」は、「発禁本」のコレクションです。近代日本においては、「安寧秩序破壊」や「風俗壊乱」などの理由から、多くの書籍が当局によって「発禁」(発売頒布の禁止)処分とされました。しかし、「発禁」になった書籍も、その当時からあるいは後に一部は市中に流通し、それを収集する人たちもいました。城 市郎さんは、その「発禁本」の最大級のコレクターの一人でした。
本講座では、そもそも「発禁」とはいかなるものであったのか、処分の多様性を確認し、「発禁本」が流通した理由、「発禁本」コレクターの城市郎氏とはいかなる人物であったのか、を明らかにします。そして、「城市郎文庫」に含まれる著名な「発禁本」を紹介して、「発禁」が行われた時代状況と思想信条の自由、表現の自由の問題を考えたいです。

費用・料金

無料

講師

山田 朗(明治大学文学部教授)
浅岡 邦雄(元中京大学教授)
山泉 進(明治大学名誉教授)

締切り

令和4年5月27日(金曜日)午前10時

申込み

明治大学リバティアカデミー WEBサイト(関連リンク参照)からお申し込みください。

主催者

明治大学リバティアカデミー
電話番号:03-3296-4423

その他

(注意)本講座はオンライン配信のみとなります。

お問い合わせ

明治大学 リバティアカデミー事務局
電話番号:03-3296-4423
ファクス:03-3296-4542
メールアドレス:academy@mics.meiji.ac.jp
平日 午前10時30分~午後7時 / 土曜日 午前10時30分~午後3時30分

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?