トップページ > 健康・福祉 > 健康 > 感染症予防 > 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について > 新型コロナウイルスワクチンの余剰が発生した場合の取り扱いについて

更新日:2021年5月27日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチンの余剰が発生した場合の取り扱いについて

区では、集団接種会場において当日キャンセル等により余剰が生じた場合、あらかじめ誰に接種するかの名簿作成を行うことで、貴重なワクチンを無駄にすることなく接種を進めていきます。余剰が生じた場合の名簿作成に関する考え方は以下のとおりです。

名簿作成の考え方

  1. 新型コロナ関係の業務を担当する保健所等の職員、高齢者施設の職員・宿泊療養施設事務従事者
  2. 会場周辺の介護サービス事業従事者(ヘルパー、ケアマネ等)
    (注意) 接種会場ごとの対象者の順位は、保健所長、施設管理者が決定する。
  3. 保育・教育の現場で従事する職員
    (注意) 名簿に登載する対象者の選定と順位など詳細は、今後、教育委員会(子ども部)で検討

接種会場と余剰ワクチン名簿掲載の対象者所属施設等(5月20日現在)

区民ホール

保健所職員、宿泊療養施設従事者、相談センター職員

いきいきプラザ一番町

いきいきプラザ一番町職員、ジロール麹町職員

THE BANCHO

THE BANCHO職員

万世橋区民館

かんだ連雀職員、淡路にこにこフォー・ユープラザ職員

岩本町ほほえみプラザ

岩本町ほほえみプラザ職員、ジロール神田佐久間町職員、ケアハウス神田紺屋町職員

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?