トップページ > 健康・福祉 > 健康 > 感染症予防 > 事業者の皆様へ 新型コロナウイルス感染症への備えを進めましょう

更新日:2020年3月2日

ここから本文です。

事業者の皆様へ 新型コロナウイルス感染症への備えを進めましょう

令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市において新型のコロナウイルスに関連した肺炎が発生しています。

過剰に心配する必要はありませんが、従業員の安全確保や事業継続のために、会社としてできる備えを進めましょう。

風邪やインフルエンザと同じく、咳エチケットや手洗い等、通常の感染症対策を行うことが重要です。

  • 手洗い、マスク着用の徹底、来訪者管理者の徹底、外出や対面の会議を避ける、通勤時間帯の変更などに心掛けて適切な感染防止策を実施しましょう。
  • 食料品、生活関連物資等の必要物資が確保されるよう、買い占めおよび売り惜しみが生じないようお願いします。
  • 従業員に対しては、風邪症状や発熱がある方は、できるだけ出勤しないように周知のほどお願いします。

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。感染から発症までの潜伏期間は1日~12.5日(多くは5日~6日)といわれています。

重症化すると肺炎になり、死亡例も確認されています。

特にご高齢の方や基礎疾患がある方(糖尿病、人工透析、免疫抑制剤の利用など)は重症化しやすい可能性が考えられます。

参考情報

企業・職場における対策のポイント

情報の収集と発信

正しい情報を入手し、従業員に周知しましょう。

情報の入手先

厚生労働省、内閣官房、外務省、都道府県、国立感染症研究所など

感染防止策の実施

自社の事業内容に応じて、適切な感染防止策を実施しましょう。

(例) 手洗い・マスク着用の徹底、来訪者管理の徹底、外出や対面の会議を避ける、通勤時間帯の変更など

事業への影響などを分析する

新型コロナウイルス感染症の流行により自社の事業がどの程度の影響を受けるのか分析し、必要となる運転資金を把握し、経営相談などを活用しましょう。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

千代田保健所健康推進課感染症対策係

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-14 

電話番号:03-5211-8173

ファクス:03-5211-8192

メールアドレス:kenkousuishin@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?