トップページ > 健康・福祉 > 健康 > 感染症予防 > 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種

更新日:2021年2月17日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種

現在、国内外で新型コロナウイルス感染症のワクチン開発が進められています。今後、有効で安全なワクチンが実用化されしだい、全国的に接種を実施していくこととなります。

区は、実用化されしだい、できるだけ早期に、安心して皆さまに接種していただけるよう準備を進めていますので、ご理解・ご協力をお願いします。

接種の目的

予防接種の実施によって感染のおそれのある疾病の発生およびまん延を予防し、公衆衛生の向上および増進に寄与するとともに、予防接種による健康被害の迅速な救済を図ること。

接種の対象・接種順位

ワクチンは徐々に供給が行われますので、一定の接種順位を決めて、接種を行っていきます。

  1. 医療従事者等
  2. 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
  4. その他の方

接種開始時期

2月中旬以降に医療従事者等、4月以降に高齢者の方への接種を開始する予定です。

その他の方は、国から示される接種順位に沿って順次接種を開始する予定です。

接種券などの送付時期

3月下旬以降に高齢者の方へ接種券などのご案内を順次送付します。接種券がないと接種はできませんので、接種券がお手元に届きましたら、必ず開封して中身を確認してください。

なお、高齢者以外の方の接種券は、4月以降に発送予定です。

接種会場

原則、住民票所在地の区市町村での接種となります。

現在、千代田区における接種場所は検討中です。区施設での集団接種の実施のほか、指定の医療機関での実施も予定しています。具体的な接種場所は追ってご案内します。

接種回数

同じ種類のワクチンを2回接種(1回目を接種し、一定期間経過後、2回目を接種)することが想定されます(例:承認申請がされているファイザー社のワクチンの場合、1回目の接種から、21日経過後に、2回目の接種を行うこととされています)。

接種費用

無料(全額公費)

接種を受けるにあたっての注意事項

接種を受ける前にかかりつけ医等にご自身の健康状態や既往歴等を相談し、接種を受けるべきかご自身で判断してください(接種会場では、当日の健康状態等を確認しますが、大勢の方の接種が見込まれますので、スムーズな運営となるようご協力をお願いします)。

基礎疾患のある方の接種

基礎疾患のある方は、高齢者の次に接種が開始される予定です。基礎疾患のある方とは、次のいずれかにあてはまる方です。

  1. 以下の病気や状態の方で、通院または入院している方
    1. 慢性の呼吸器の病気
    2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
    3. 慢性の腎臓病
    4. 慢性の肝臓病(ただし、脂肪肝や慢性肝炎を除く。)
    5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
    6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
    7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
    8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
    9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
    10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
    11. 染色体異常
    12. 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
    13. 睡眠時無呼吸症候群
  2. 基準(BMI 30以上)を満たす肥満の方
  • BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)

(例) BMI 30の目安:身長170センチメートルで体重87キログラム、身長160センチメートルで体重77キログラム

この基準は令和3年2月1日時点で厚生労働省から示されている案であり、今後変更となる可能性があります。

なお、同じ時期に、高齢者施設等の従事者への接種も開始される予定です。

接種を受ける際の同意

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受けるには、ご本人の同意が必要です。

現在、何かの病気で治療中の方や、体調など接種に不安がある方は、かかりつけ医等とご相談のうえ、ワクチン接種を受けるかどうかお考えください。

問い合わせ

千代田保健所健康推進課新型コロナウイルス予防接種担当

電話番号:03-6256-9005

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?