• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 感染症予防 > 麻しんにご注意ください

ここから本文です。

更新日:2018年4月27日

麻しんにご注意ください

現在、日本各地で麻しんについて報じられているところですが、東京都内でも複数の患者が発生しています。麻しん患者と接触があった後に麻しんを疑う症状(発熱、咳、鼻水、涙がたくさん出る、発疹など)が出た場合は、事前に医療機関に電話連絡してから受診しましょう。

麻しんとは

麻しんは麻しんウイルスの感染によって起こる感染症です。麻しんウイルスは感染力が非常に強く、空気を介して感染するため麻しんの患者さんと同じ部屋にいただけで感染する恐れがあります。ウイルスに感染した後、約10日から12日の潜伏期間を経て発熱や鼻水、咳などの症状が出現します。この症状が数日続いた後、全身に発疹が現れ、3日から4日高熱が続きます。
麻しんは免疫を獲得していない人は発症のリスクが非常に高く、稀に脳炎や肺炎などの重篤な合併症を引き起こすこともあるため注意が必要です。

予防について

麻しんは空気を介して感染するため、マスクの着用や手洗いだけでは十分な予防はできません。麻しんの予防にはワクチンの接種により、免疫を獲得することが有効です。

予防接種について

麻しんの予防接種は定期接種として麻しん風しん(MR)ワクチンの予防接種を受けることができます。また、千代田区では定期接種未接種のお子さんに対して、麻しん風しん(MR)ワクチンの任意接種費用の全額助成を実施しています。詳しくは麻しん風しん(MR)ワクチン接種費用助成のページをご参照ください。

定期接種対象者

  • 第1期:1歳~2歳の誕生日の前日までの方
  • 第2期:幼稚園・保育園等の年長相当年齢の方

任意接種全額助成対象者

  1. 2歳以上幼稚園・保育園年中相当年齢以下で、第1期の接種を受けていない区民の方
  2. 小学校1年生以上高校3年生相当年齢以下で、定期接種または上記1の接種を受けていない区民の方

(注意) 定期接種対象者と任意接種全額助成対象者以外の方が麻しんの予防接種を受ける場合は、自費での任意接種になります。

 

お問い合わせ

千代田保健所健康推進課感染症対策係

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-14 

電話番号:03-5211-8173

ファクス:03-5211-8192

メールアドレス:kenkousuishin@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?