トップページ > 健康・福祉 > 健康 > おとなの予防接種 > 特別対策インフルエンザワクチン接種事業

更新日:2021年10月6日

ここから本文です。

特別対策インフルエンザワクチン接種事業

新型コロナウイルス感染症とインフルエンザの同時流行による医療体制のひっ迫を防止するため、インフルエンザ予防接種費用助成を拡大しました。下記対象者で希望する方に接種費用を全額助成します。

対象者

接種日現在、千代田区に住民登録があり、次のいずれかに該当する方(令和3年12月31日現在の年齢で起算)。

  1. 60歳以上65歳未満の方(昭和32年1月2日~昭和37年1月1日生まれの方)
  2. 現在妊娠中の方(出産後は利用できません。なお、妊娠初期の方は接種可能かどうか主治医にご相談ください。)
  3. 19歳以上60歳未満の方(令和4年3月31日現在)のうち、心臓、腎臓、呼吸器、免疫機能に障害があり、1級の障害者手帳を持っている方。

いずれも、転出等の理由で千代田区民でなくなった方はお使いいただけません。転出日以降に使用された場合、接種費用は全額自己負担となりますので、ご注意ください。

実施期間

令和3年10月1日(金曜日)~令和4年1月31日(月曜日)

この期間以外に接種した場合は、全額自己負担となりますのでご注意ください。

(注意) この制度を利用せず、自己負担で接種した方への還付制度はありません。

予診票

対象者1および3の方に9月末に発送します。対象者2の方は、ご希望の方のみ予診票を発送しますので、下記の問い合わせ先へメール、または電話で申請してください。

(注意) 対象者2(妊婦)の方で、メールで申請する方は、件名を「特別対策インフルエンザ予診票希望」とし、以下の情報を必ず明記してください。

  1. 氏名
  2. 住所
  3. 生年月日
  4. 電話番号
  5. 母子手帳ナンバー
  6. 母子手帳発行日
  7. 出産予定日

(注意) 対象者1に該当し、9月1日以降に転入した等の理由で予診票がお手元にない方や再発行希望の方は、電話で申請してください。

実施場所

千代田区内指定医療機関で接種できます。医療機関によってワクチンの在庫状況が異なりますので、事前に電話などでお問い合わせのうえ、お出かけください。

(注意) 区内指定医療機関以外で接種した場合、費用は全額自己負担となります。

接種方法

  1. 指定医療機関に電話などで予約。
  2. 「特別対策インフルエンザ予防接種予診票(任意)」に体温以外の項目を記入。
    (注意) 接種を受ける方が自署できない場合は代筆者が署名し、代筆者の氏名および続柄を記入してください。
  3. 医療機関に予診票と健康保険証を提示
    (注意) 対象者2の方は母子健康手帳、対象者3の方は身体障害者手帳も提示してください。

接種費用

無料(接種回数:一人一回まで)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

千代田保健所健康推進課保健予防係

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-14 

電話番号:03-5211-8172

ファクス:03-3262-1160

メールアドレス:kenkousuishin@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?