• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 雇用 > 区内で障害者を雇用する人への援助金

ここから本文です。

更新日:2015年3月31日

区内で障害者を雇用する人への援助金

区内で障害者を雇用する事業者への援助金

雇用援助金

千代田区内で身体障害者・知的障害者・精神障害者を雇用している事業者に対して、援助金を支給します。
(ただし身体障害者については、区内居住者に限ります)

1か月の援助金として、13日以上勤務すると20,000円、8日から12日勤務すると17,000円を支給します。
(援助金は障害者1名あたりの単価です)

対象者(申請条件)

  1. 事業所が千代田区内にあり、特例子会社でないこと。ただし、被雇用者が区内に居住している場合は、事業所所在地が東京23区内であれば対象となります。
  2. 総従業員数が50人未満の事業者であること。
  3. 知的障害者を継続して3か月を超えて雇用していること。
  4. 一日の就労時間が3時間以上であること。
  5. 労働基準関係法令を遵守していること。
  6. 国や都から雇用助成を受けていないこと。

申請に必要なもの

  1. 援助申請書(千代田区様式)
  2. 障害者手帳等、雇用保険被保険者証、就業規則、雇用契約書、事業所登記簿謄本等の写し
  3. 上記の1と2以外に、必要な書類の提出をお願いする場合があります。

千代田区障害者就労支援センターでは、事業主や障害者に対して相談や情報提供を行っています。

電話番号:03-3264-2153

障害者への就労実習奨励金

実習生への奨励金

障害者(身体・知的・精神・発達障害等)の方が就労実習を行ったとき、奨励金を支給します。
実習中は、必要に応じて千代田区障害者就労支援センター職員が障害者に対して支援を行います。

対象者(申請条件)

  1. 事業所又は実習場所が東京23区内にあること。
  2. 実習生は千代田区障害者就労支援センターに登録している方であること。
  3. 実習は原則として1か月間に1日以上行うこと。
  4. 実習時間は1日3時間以上であること。

申請に必要なもの

奨励金申請書(千代田区様式)ほか

奨励金の額

1人1時間当たり200円を支給します。

障害者の就労実習受け入れ事業者への報奨金

実習生受入報奨金

障害者(身体・知的・精神・発達障害等)を実習生として受け入れた事業者に対して、1人につき月10,000円の報奨金を支給します。
実習受け入れ中は、必要に応じて千代田区障害者就労支援センター職員が、事業主や障害者に対して支援を行います。

対象者(申請条件)

  1. 事業所又は実習場所が東京23区内にあること。
  2. 実習生は千代田区障害者就労支援センターに登録をしている方であること。
  3. 実習は原則として1か月間に3日以上行うこと。
  4. 実習時間は1日3時間以上であること。
  5. 国や都から雇用助成を受けていないこと。

申請に必要なもの

報奨金申請書(千代田区様式)ほか

障害者の就労実習の受け入れ事業者を募集しています。
希望する事業者は、障害者福祉課地域生活推進係にご連絡ください。

障害者福祉課地域生活推進係(区役所3階)

お問い合わせ

保健福祉部障害者福祉課地域生活推進係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4128

ファクス:03-3239-8606

メールアドレス:shogaishafukushi@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?