• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 健康・福祉 > 障害者福祉 > 日常生活の支援 > 重度身体・知的障害者の病院での一時保護

ここから本文です。

更新日:2015年3月31日

重度身体・知的障害者の病院での一時保護

いつも介護を行っている家族が、病気や出産・介護疲れなどで、家庭での介護が一時的にできなくなった身体や知的に障害がある人を病院で保護します。

保護方法

医療法人財団同仁記念会明和病院(神田須田町1-18)
18歳未満の人や知的に障害がある人で、介護人が必要な場合には、介護人を派遣します。
自宅から病院までの移送は、ご家族で行ってください。

保護期間

1回につき7日以内。ただし、やむをえない事情がある場合は、30日まで延長することができます。

申請に必要なもの

  1. 身体障害者手帳または愛の手帳
  2. 誓約書
  3. 伝染性疾患などの有無・入院加療の要否を記載した医師の健康診断書(主治医がいない場合は、明和病院で診断を受けることができます。)
  4. 印鑑
  5. 健康保険証

対象者(申請条件)

伝染性疾患・精神性疾患がなく、専門医療機関での治療を必要としない65歳未満で次のいずれかに該当する人

  1. 身体障害者手帳1~2級の人
  2. 愛の手帳1~3度の人
  3. 脳性麻痺または進行性筋萎縮症の人

実施(受付)場所

障害者福祉課

負担費用

1日あたり950円(食費相当額を明和病院へお支払いください。)

お問い合わせ

保健福祉部障害者福祉課相談支援係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4217

ファクス:03-3239-8606

メールアドレス:shogaishafukushi@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?