トップページ > 子育て・教育 > 子育て > お子さんの予防接種 > 新型コロナウイルスの影響でHPV(子宮頸がん予防)ワクチンの接種機会を逃した方へ

更新日:2021年10月29日

ここから本文です。

新型コロナウイルスの影響でHPV(子宮頸がん予防)ワクチンの接種機会を逃した方へ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、HPV(子宮頸がん予防)ワクチンの接種機会を逃した方に対して、公費で接種できる期間を延長します。すでに自己負担で接種した方には、接種にかかった費用を助成します。

画像:子宮頸がん予防ワクチン予診票の有効期限と費用助成期間の表

延長となる期間は、一律令和3年11月1日~令和5年10月31日です。対象となる方は、令和3年度に中学3年生~高校3年生相当の方です。

令和3年度に高校2年生~3年生相当の方で、令和3年10月31日までに自己負担で接種した方は、接種費用を助成します。

令和3年度に中学3年生~高校1年生相当までの方は、令和3年度現在まだ接種期間が終了していませんが、本来の有効期限である高校1年生の年度末までに3回接種が完了しなかった場合は、令和5年10月31日まで有効期限を延長します。

HPV(子宮頸がん予防)ワクチン、子宮頸がんについては「HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)」のページをご覧ください。

有効期限の延長

対象者

令和3年度時点で中学3年生~高校3年生相当まで(平成15年4月2日生まれ~平成19年4月1日生まれ)の区内在住の女子で、HPV(子宮頸がん予防)ワクチンを3回接種完了していない方

延長期間

令和3年11月1日~令和5年10月31日

接種場所

千代田区内の指定医療機関

令和3年度千代田区HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)予防接種指定医療機関名簿(令和3年5月19日現在)(PDF:264KB)

申請方法

希望者は千代田保健所健康推進課保健予防係(下記問い合わせ先)まで、メールか電話で申請してください。

申請後、2週間ほどでご自宅に有効期限を延長した予診票を送付します。

メールで申請の際は、件名を「HPV有効期限延長希望」とし、下記内容を必ず明記してください。

1.対象者の氏名、2.生年月日、3.学年、4.住所、5.日中連絡の取れる保護者の電話番号、6.未接種回数(例:一度も接種したことがない方は「3回」)

メールで申請の場合、内容に問題がない場合は、千代田保健所から受付確認の返信はしていませんのでご了承ください。

メール申請後、2週間経過しても予診票が届かない場合は、お手数ですが下記問い合わせ先までご連絡ください。

(注意) 令和3年度時点で中学3年生~高校1年生相当の方で、すでに有効期間内の予診票をお持ちの方のうち、令和5年10月31日まで有効期限延長を希望する方は、お手数ですが再度発行申請してください。

接種ワクチン

HPV(子宮頸がん予防)ワクチンには、サーバリックス(2価)とガーダシル(4価)の2種類のワクチンがあります。どちらのワクチンでも無料で接種できます。

(注意1) 接種途中で別のワクチンに切り替えることはできません。
(注意2) シルガード(9価)は定期予防接種(公費助成)の対象ではありません。希望する場合は全額自己負担となります。

接種費用

無料

(注意) 千代田区を転出した場合、千代田区が発行した予診票は使えません。

接種方法

  1. 予診票入手後、千代田区内の指定医療機関へ予約してください。
  2. 当日は予診票、母子健康手帳を持参してください。
  3. 疑問や不安があるときは、接種医師にご相談ください。

自己負担で接種した方への費用助成

対象者

令和3年度時点で高校2年生~高校3年生相当まで(平成15年4月2日生まれ~平成17年4月1日生まれ)の区内在住の女子で、定期予防接種の期間が過ぎた後(高校2年生の4月1日以降)から令和3年10月31日までにHPV(子宮頸がん予防)ワクチンを自己負担で接種した方

助成対象となる接種期間

  • 現在高校2年生相当の方
    • 令和3年4月1日~10月31日
  • 現在高校3年生相当の方
    • 令和2年4月1日~令和3年10月31日

申請期間

令和3年11月1日~令和4年3月31日

(注意) この期間を過ぎたら申請できませんのでご注意ください。

接種場所

全国の医療機関

申請方法

希望者は下記問い合わせ先まで、必要書類を郵送してください。千代田保健所5階の健康推進課窓口でも承ります。
申請後、3~4か月ほどで費用を指定の口座へ振り込みます。

助成対象となる費用

予防接種にかかった費用(ただし、一回の接種につき17,556円が上限額です)

必要書類

費用助成の対象となるワクチン

サーバリックス(2価:HPV16型、18型)またはガーダシル(4価:HPV6型、11型、16型、18型)

(注意) シルガード(9価)は定期予防接種(公費助成)の対象ではないため、本助成の対象外です。

Q&A

有効期限延長・費用助成 共通

新型コロナウイルスワクチンとの接種間隔はどのくらい空けたらよいか。

新型コロナウイルスワクチンとそれ以外のワクチンは2週間以上空けて接種してください。

なぜ令和3年度時点で高校3年生相当までが対象なのか。なぜ令和3年度時点で大学1年生相当以上は対象にならないのか。

今回の有効期限延長・費用助成は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で接種機会を逃してしまった方のために、令和2年3月19日に厚生労働省から発出された事務連絡に基づいて行います。そのため、令和2年度時点で定期予防接種の対象者であった方(つまり令和3年度時点で高校3年生相当までの方)が対象となります。

他の定期予防接種について、同様の延長対応、助成制度はあるか。

ありません。今回の対応は、これまで積極的な勧奨をしなかった(予診票を対象者全員へ発送していない)、HPV(子宮頸がん)ワクチンのみの対応です。他の定期予防接種については、対象者が標準的な接種年齢に到達した時に、予診票を個別に郵送しています。

子どもが13歳以上の場合は、保護者が同伴しなくてもよいのでは。

ごくまれに接種後の副反応が現れる可能性があるため、接種の際は保護者が同伴することをおすすめします。ただし、保護者が同伴することが難しい場合は、予診票を発送する際に同封している同意書へ保護者の署名があれば、保護者の同伴は必要ありません。

有効期限延長

今年度高校1年生の娘がおり、すでに高校1年生の年度末までの有効期限の予診票を受け取っている。いま手元にある予診票の有効期限内に3回接種できるか分からないが、どうすればよいか。

お手元に有効期限内の予診票がある場合でも、ご希望であれば有効期限を延長した予診票を発行します。下記問い合わせ先までご連絡ください。

費用助成

自費で接種し、その後千代田区から転出した場合は助成対象となるのか。

接種時に千代田区に住民票があれば、助成対象となります。千代田区が発行した予診票を使用して接種したとしても、接種日時点で千代田区から転出していれば助成対象となりません。

他の自治体に住民票がある時に接種し、その後千代田区に転入してきたが、対象になるか。

接種時に千代田区に住民票がない場合は、対象となりません。

母子健康手帳に接種記録の記載がない場合はどうすればいいか。

代わりに接種した医療機関、年月日、ワクチンのロットナンバーが分かるもの(予診票の写しなど)を提出してください。

自費で接種した際の領収書と診療明細書を紛失してしまった。それでも申請できるか。

接種した医療機関へ、「予防接種にかかった費用を証明するための書類」の発行を依頼してください。

「予防接種にかかった費用を証明するための書類」を発行するための文書料も助成対象となるのか。

対象となります。

接種費用が上限金額(17,556円)を超えた場合でも、助成されるのは上限金額までとなるのか。

そのとおりです。

すでに自費で2回接種して、3回目を11月1日以降に接種予定である。助成されるのか。

すでに接種した2回分は費用助成の対象となりますので、申請してください。

残りの1回は延長対応した予診票を送付しますので、下記問い合わせ先までご連絡ください。千代田区内の指定医療機関でご利用いただくと接種費用が無料になります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

千代田保健所健康推進課保健予防係

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-14 

電話番号:03-5211-8172

ファクス:03-3262-1160

メールアドレス:kenkousuishin@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?