トップページ > 子育て・教育 > 教育活動 > 子どもの学びを未来につなげる「千代田区のGIGAスクール構想」

更新日:2022年8月1日

ここから本文です。

子どもの学びを未来につなげる「千代田区のGIGAスクール構想」

区では「つなぐ・つなげる千代田の教育」を園・学校運営の軸として掲げ、各学校・園と連携して千代田の教育の充実に努めてきました。

令和2年11月から導入しているGIGAスクール構想、一人一台タブレットPC体制においては、千代田区の地域リソース、教育リソースを活用し、子どもが変化を前向きに受け止め、豊かな創造性を備え、持続可能な社会の創り手として予測不可能な未来社会を自立的に生き、社会の形成に参画するための資質・能力を一層確実に育成していくことをめざしていきます。

千代田区立全11校が「学校情報化優良校」に、千代田区教育委員会が「学校情報化先進地域」に認定

画像:学校情報化優良校認定ロゴマーク画像:「学校情報化先進地域2022」の認定ロゴマーク

千代田区ではこれまで、一人一台端末の環境整備や「千代田ICT授業指針」の策定など、「ちよだスマートスクール」を推進してきました。

今般、こうしたICTを活用した教育を推進してきたことが評価され、学校情報化認定(注意1)において、区立全11校が「学校情報化優良校(注意2)」に、千代田区教育委員会が「学校情報化先進地域(注意3)」として認定されました。

今後も引き続き、ICTを活用した教育、「ちよだスマートスクール」の充実を図っていきます。

(注意1) 「情報化の推進体制」を整え、「教科指導におけるICT活用」「校務の情報化」等に積極的に取り組んでいる学校・自治体を称え、日本教育工学協会(後援:文部科学省)が認定
(注意2) 教育の情報化に総合的に取り組み、情報化によって教育の質の向上を実現している学校を、チェックリストや指定された資料等のエビデンスを基に審査・認定
(注意3) 自治体において「学校情報化優良校」として認定された学校の割合が80%以上に達した地域を、書類審査および面談調査により審査・認定

千代田ICT授業指針 リプレース編

令和3年9月に顔認証システムやシングルサインオンの搭載、アプリケーションの入れ替え等、ICT環境のリプレースを行いました。その結果、セキュリティ対策の強化、利便性の向上、操作性の向上等を図ることができました。

リプレースに合わせ、また国の「GIGAスクール構想」、都の「TOKYOスマート・スクール・プロジェクト(学び方・教え方・働き方の三大改革)」を受け、本区の取り組みの名称を「ちよだスマートスクール」としました。

学び方・教え方・働き方を推進するための具体的な17の取り組み目標を掲げ、教員向けのリーフレットを作成し、実現に向けて動き出しています。

画像:ちよだスマートスクール

「ちよだスマートスクール」保護者向けリーフレット

令和4年度4月、区内公立学校に通う全家庭に、本区の取り組みを掲載したリーフレットを配布しました。令和3年度に保護者を対象とした一人一台タブレット端末の利活用に関するアンケートの結果や学習者用タブレット端末の使用に関するお願い、よくある質問などを掲載しています。

画像:「ちよだスマートスクール」保護者向けリーフレット

「GIGAスクール構想」保護者向けオンラインセミナー

令和4年2月19日(土曜日)、令和3年度2回目の開催をしました。

第1部では、本区における今年度のICTを活用した教育の取り組みを紹介しました。

第2部では、事前に保護者を対象として実施したアンケート調査を基に、パネルディスカッションを行いました。

画像:第2回「GIGAスクール構想」保護者向けオンラインセミナーチラシ

令和3年7月17日(土曜日)、保護者を対象に、区のGIGAスクール構想の取り組みや情報社会に生きる子どもたちの情報モラルについて理解を深めていただきたく、オンラインセミナーを開催しました。

画像:「GIGAスクール構想」保護者向けオンラインセミナー チラシ

千代田ICT授業指針 スタート編

画像:千代田ICT授業指針 スタート編表紙

「つながる、創り出す、切り拓く Connect, Create, Pioneer〜一人一台からの学びを創る 千代田ICT授業指針〜」を掲げ、千代田区におけるGIGAスクール構想を進めています。

ICT教育に関する取り組み

教育広報「かけはし」

画像:千代田区教育広報かけはし126号 令和4年3月10日発行

区教育委員会では、保護者・地域社会を結ぶ情報の「かけはし」として、教育広報「かけはし」を発行しています。昨年度、ICT教育に関する区内の取り組みが掲載されました。

千代田区教育課題調査研究部会報告

令和3年度から研究主題を「すべての児童・生徒にとって、主体的に思考を深められるICTの活用」~一人一台タブレットを用いた個別最適な学びと協働的な学びの充実~と改め、3年間の研究を進めることとしました。

1年次の令和3年度は、3つの分科会に分かれ、分科会テーマを設定し、分科会ごとに授業研究を行いました。その取り組み内容をリーフレットにまとめました。

画像:令和3年度 千代田区教育課題調査研究部会 授業を学び変える

平成30年度・令和元年度・令和2年度の3年間、「これからの社会を自ら判断し生き抜く児童・生徒の育成-ICTを効果的に利活用した主体的・対話的で深い学びにする授業づくり-」を研究主題に掲げ、学習指導要領の趣旨を踏まえた授業実践などを通した研究を進め、その成果をリーフレットにまとめました。

画像:千代田区教育課題調査研究部会報告書

公立小中学校ICT利活用モデル検証事業

東京都教育委員会が実施した、「公立小中学校ICT利活用モデル検証事業」において、令和2年度に実践研究を行いました。詳細については、下記リンク先をご覧ください。

実践研究の内容:家庭と連携した一人一台のアクティブラーニング型授業における学びの変容の可視化調査

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局子ども部子ども総務課子ども総務係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4273

ファクス:03-3288-3420

メールアドレス:kodomosoumu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?