更新日:2021年5月18日

ここから本文です。

地域防災計画

地域防災計画とは

地域防災計画のイメージ

地域防災計画は、災害対策基本法(昭和36年法律第223号)の規定に基づき、千代田区防災会議が策定する計画です。千代田区における地震・風水害・その他の災害に関し、防災関係機関の全機能を有効に発揮して、災害予防・応急・復旧対策に至る一連の対策を総合的かつ計画的に実施することにより、区民の生命・身体及び財産を災害から保護することを目的に作成しています。

地域防災計画の修正

千代田区では平成24年と25年の2か年で、東日本大震災での課題等を踏まえた、震災対策の大幅な見直しを行い、平成26年は「火山対策計画」を新設するなど地域防災計画の見直しを行いました。また、平成27年・28年は水防法に基づき荒川・神田川の浸水想定区域内の地下街等の施設を指定するなど風水害編の大幅な修正を行いました。

平成29年は、「東日本大震災」および「平成28年熊本地震」の教訓を踏まえ、大規模災害発生時における新たな医療救護体制を整備することから、その内容を千代田区地域防災計画に反映させました。また、災害対策基本法の改正に伴い「災害時要援護者」を「要配慮者」に、「災害時要援護者名簿」を「避難行動要支援者名簿」に用語の変更を行う等、必要な修正を行いました。

平成29年修正 千代田区地域防災計画

平成29年7月6日に修正した千代田区地域防災計画は、次のファイルをご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策経営部災害対策・危機管理課 

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4187

ファクス:03-3264-1673

メールアドレス:saigaitaisaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?