トップページ > 暮らし・手続き > 防災 > 緊急事態宣言再発出を踏まえた新型コロナウイルス感染防止に関する千代田区の基本方針

更新日:2021年1月8日

ここから本文です。

緊急事態宣言再発出を踏まえた新型コロナウイルス感染防止に関する千代田区の基本方針

(令和3年1月8日策定)

千代田区は緊急事態宣言の再発出を踏まえ、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、下記のとおり基本方針を策定しました。なお、基本方針については政府および都や専門家会議の発表や感染状況を踏まえ、段階的に改訂します。

  1. 前提条件
    令和2年4月に緊急事態宣言を発出した際は、新型コロナウイルスが未知のウイルスであったことなどから、人と人との接触を「最低7割、極力8割減らす」など社会・経済活動を幅広く制限した。しかし、これまでのクラスター分析の結果、飲食を伴う会合、とりわけ飲酒を伴う会食による感染リスクが極めて高いことが報告されるなど、判明してきた事実も多い。そこで、感染リスクを軽減させるため、限定的、集中的に対策を行う。具体的には、飲食を伴う会合や人の流れを抑えるための不要不急の夜間の外出を控え、更なる感染拡大を防止するため、区では下記3点を前提条件とし、基本方針を定めるものである。
    1. 区民および職員が「自分を守る、家族を守る、大切な人を守る、社会を守る、感染しない、させないための行動」をとること。
    2. 飲食を伴う会合や飲食につながるイベント等を実施しないこと。
    3. 不要不急の外出、特に午後8時以降の外出は控えること。
  2. 区内教育施設等の対応
    1. 小学校、中学校、中等教育学校
    2. 幼稚園、こども園
    3. 保育園
    4. 学童クラブ
    5. 児童館等
      感染防止対策を徹底し、学校運営を継続する。ただし、感染状況に応じて、対面での指導に加え家庭でのオンライン学習等を行うなどの対応をとる。
  3. 区有施設の利用や貸し出し
    感染拡大防止の各種ガイドラインの再徹底を行ったうえで利用や貸し出しを行う。なお、利用時間については、原則午後8時までとする。
  4. イベントや事業の考え方
    延期やオンライン開催、規模の縮小、無観客での開催を検討する。なお、開催制限については、国の取り扱いに準じて継続する。
  5. 区役所の窓口業務
    下記取り組みを継続する。
    1. 総合窓口業務
      平日の午前8時30分から午後5時までの取り扱いとし、土曜日の窓口業務は休止。
    2. 出張所窓口業務
      平日の午前8時30分から午後5時までの取り扱いとし、水曜日に実施していた夜間延長は休止。
  6. 会議設定
    原則、書面開催もしくはオンライン開催とする。やむを得ず開催する場合は、適切な感染予防対策を施したうえで、最小限の時間および出席者で実施することとする。
  7. 職員体制
    感染拡大防止のため、時差出勤や週休日の振替など、対人接触を減らす等の取り組みを継続する。

お問い合わせ

政策経営部災害対策・危機管理課 

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4187

ファクス:03-3264-1673

メールアドレス:saigaitaisaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?