更新日:2019年9月12日

ここから本文です。

令和元年度防災講演会

区では、令和元年9月4日に有楽町朝日ホール(有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)で、区内事業所の防災担当者等を対象に防災講演会を開催しました。

これは、区内にある約38,000の事業所が、地域社会の構成員として災害対策の基本と社会的責任を再確認してもらうことを目的としています。

また、防災講演会に先立ち、防災貢献者表彰式を実施し、今年度は防災に対する認識が高く、その取り組みが他の模範になる団体として、5団体を防災貢献者として表彰しました。

防災貢献者表彰

株式会社サードセンス

画像:株式会社サードセンスへの表彰の様子東京駅・有楽町駅周辺地区帰宅困難者対策地域協力会に加入し、訓練の参加や適宜情報交換を実施しています。

また、起震車を活用しての防災啓発活動等も行っています。

大和情報サービス株式会社

画像:大和情報サービス株式会社への表彰の様子富士見・飯田橋駅周辺地区帰宅困難者対策地域協力会へ前ビルの所有者から引き継ぐ形で入会し、千代田区とアイガーデンエアの帰宅困難者受入協定もビルとして継承しています。

また、千代田区帰宅困難者対応訓練では「受入れ訓練」も継続して実施しています。

カトリック麹町聖イグナチオ教会

画像:カトリック麹町聖イグナチオ教会への表彰の様子四ツ谷駅周辺地区帰宅困難者対策地域協力会の活動に積極的に参加し、学習と連携を深めています。

また、千代田区帰宅困難者対応訓練では、会場として広場を提供しています。

富士ソフト株式会社

画像:富士ソフト株式会社への表彰の様子秋葉原駅周辺地区帰宅困難者対策地域協力会の訓練に毎年、入居テナントとともに参加し、連携とコミュニケーションを図っています。

また、防災訓練において、屋内消火栓やAED等の使用方法を防災センターの警備員と共同で各テナント企業へ普及・啓発を行っています。

専修大学ボランティア推進委員会傘下団体専修神田ボランティア

画像:専修大学ボランティア推進委員会傘下団体専修神田ボランティアへの表彰の様子夏祭りの運営協力や地域のイベントにおいてAED体験ブースを出店するなど、大学周辺地域とは協力体制にあり、日頃から顔の見える関係を構築しています。

また、在学生や地域、ボランティア活動先の児童に対して、災害時を想定した体験型の各種訓練を実施するなど、遊びながら「防災」を学べる訓練等を企画し実施しています。

防災講演会

画像:防災講演会の様子関西大学社会安全学部・社会安全研究センター長・特別任命教授の河田 惠昭さんによる講演では、「東京都心の水害危険性」をテーマに、近年発生したさまざまな水害を踏まえた千代田区における水害対策について説明し、約320名の聴講者はレジュメを片手に真剣に耳を傾けていました。

お問い合わせ

政策経営部災害対策・危機管理課 

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4187

ファクス:03-3264-1673

メールアドレス:saigaitaisaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?