• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 暮らし・手続き > 防災 > 水害 > 風水害に備えて「マイ・タイムライン」を作りましょう

ここから本文です。

更新日:2018年12月20日

風水害に備えて「マイ・タイムライン」を作りましょう

「マイ・タイムライン」とは?

突然起こる地震と違い、台風の発生や予想進路は自分が住んでいる地域に接近する数日前から天気予報などで知ることができます。

台風が発生してから洪水が発生するまでの間に、自分や家族が「いつ、何をするか」をまとめた計画表が「マイ・タイムライン」です。

平常時に「マイ・タイムライン」を作成しておくことで、いざというときに慌てず、安全に避難することができます。

画像:マイ・タイムラインイメージ図

「マイ・タイムライン」作成の準備

ハザードマップを確認する

ハザードマップを確認し、自分の家や職場、学校がどれくらい危険なのか確認しましょう。
また、避難場所へ行くまでの道のりにも危険な場所がないか確認しておきましょう。

画像:洪水ハザードマップ

画像:土砂災害ハザードマップ

最寄りの避難所を確認する

家だけでなく、職場や学校の最寄りの避難所も確認しておきましょう。

画像:避難所案内図

「マイ・ハザードマップ」を作る

家から避難所までの危険箇所や所要時間を書き込んだ「マイ・ハザードマップ」を作成しておくと更に安全に避難することができます。

「マイ・ハザードマップ」の作り方

  • 区で作成しているハザードマップに自宅や職場、最寄りの避難所等を書き込む。
  • 自宅等から避難所までの経路や所要時間を書き込む。
  • 実際に避難所まで歩き、避難する際に危険となる箇所(川や側溝など)があれば書き込む。

情報の入手先を確認する

大雨の情報や、川の氾濫情報などをどこから入手するか確認しておきましょう。
テレビ、ラジオのほか公的機関のホームページなども有効です。

区が発令する情報の意味を知っておく

災害による危険が迫っている場合、区は3段階の避難情報を発令します。
その正しい意味を普段から知っておくことで、発令されたときに慌てず行動することができます。

危険の切迫度 避難情報の種類と発令時の状況 とるべき行動
危険性 小

避難準備・高齢者等避難開始

  • 災害が発生する可能性が予測される状況
高齢者など、避難に時間がかかる方は、避難を開始(その他の方は避難の準備)
危険性 中

避難勧告

  • 災害が発生する可能性が明らかに高まった状況
すべての方が避難を開始
危険性 大

避難指示

  • 前兆現象の発生など災害が発生する危険性が非常に高まった状況
  • 災害が発生した状況
避難していない方は直ちに避難

非常持出袋を用意する

避難するときに必要なものを、リュック等にまとめて持ち出しやすいところに置いておきましょう。

用意するものの例

食料、飲み物、懐中電灯、ラジオ、いざというとき助けを呼ぶための笛、タオル、ビニール袋、着替え、現金など

各家庭によって必要なものは異なりますので、用意するものは家族で相談して決めましょう。例えば、赤ちゃんがいる家庭はおむつやミルク、女性なら生理用品等が必要です。

画像:非常持ち出し物品

「マイ・タイムライン」を作成する

最悪の事態を想定し、台風発生から洪水発生までの間に、「いつ、何をするか」を考えていきます。

台風発生~洪水発生の半日前

雨風が強くなる前に行うべきことを済ませておく時期です。

具体例

  • 天気予報を注意して見る
  • 家族の今後の予定を確認
  • 買い物を済ませておく
  • 病院に多めに薬をもらいにいく
  • 携帯電話を充電しておく

洪水発生の半日前~3時間前

雨や川の水位などに留意し、避難行動を検討・開始する時期です。

具体例

  • インターネット等で、川の水位や川の上流の雨量を調べる(実際に川を見に行くことは絶対にしない)
  • 改めてハザードマップで避難所と経路を確認
  • 高齢者など、避難に時間がかかる人が家族にいる場合には避難を開始する

洪水発生3時間前~洪水発生

身の安全を確保する時期です。

具体例

  • 避難所に避難を完了する
  • 家の中の安全な場所に緊急避難する

参考

逃げキッド(小中学生向け教材)

「マイ・タイムライン」使用時の心得

大雨や洪水は自然現象であり、タイムラインで想定したとおりに進行するとは限りません。
マイ・タイムラインを作っただけで安心せず、以下の心得を忘れずに行動しましょう。

  • マイ・タイムラインはあくまで行動の目安とする
  • 気象注警報、避難情報をこまめに収集する
  • 臨機応変に行動する
  • 定期的にマイ・タイムラインを見直す

参考

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策経営部災害対策・危機管理課 

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4187

ファクス:03-3264-1673

メールアドレス:saigaitaisaku@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?