トップページ > 暮らし・手続き > 動物・ペット > 新型コロナウイルス感染症による入院・宿泊療養の際のペットの飼育について

更新日:2020年10月20日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症による入院・宿泊療養の際のペットの飼育について

新型コロナウイルスへの感染の有無を確認するPCR検査で陽性になった場合、感染症指定医療機関など感染管理を適切に行うことができる病院への入院、ご家族等への感染を防止するため、宿泊施設等での療養のいずれかの対応をお願いしています。

入院や宿泊療養となっても、ご家族等にペットの世話をお願いできない場合やペット同伴施設での療養ができない場合には、知人の方にお預かりいただくか、ペットホテルを利用いただくことが必要になります。万が一に備え、検査結果が出る前から、ペットを預けるための準備をしておくことが大切です。

新型コロナウイルス感染症による入院・宿泊療養の際のペットの飼育について(PDF:608KB)

新型コロナウイルスとペットに関する一般相談、PCR検査を受けたが陽性が判明したときの対応がわからない場合は、下記相談先へお問い合わせください。

  • 相談先:動物愛護相談センター本所
    電話番号:03-3302-3507(平日午前8時30分~午後5時45分)

また、東京都では入院治療の必要のない軽症や無症状の方々を受け入れるペット同伴宿泊療養施設を開設しています。

東京都福祉保健局:新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養について(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

千代田保健所地域保健課動物愛護担当

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-2-14

電話番号:03-6256-8177

ファクス:03-5211-8190

メールアドレス:chiikihoken@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?