トップページ > 暮らし・手続き > ごみ・リサイクル > 食品ロス > 常設フードドライブ4月の実施結果

更新日:2024年5月14日

ここから本文です。

常設フードドライブ4月の実施結果

提供された食品の重量

約65キログラム

65キログラムの食品ロスの削減で、29.9キログラムのCO2を削減する効果があります。

(注釈) 食品ロス1トン当たりのCO2排出量を0.46トンとして計算
国の「地球温暖化対策計画」(令和3(2021)年10月22日閣議決定)

ご提供くださいました皆様、ご協力ありがとうございました

集まった食品の数

約164点の食品が、「もったいない」から「ありがとう」へ変わりました。

写真:令和6年4月のフードドライブで集まった食品

(注意) 写真は、ご提供いただきました未利用食品の一部です。

集まった食品類

  • お米
  • 乾麺(うどん、焼き麩、そうめん)
  • 缶詰(ニシン、鯖、焼き鳥)
  • 調味料(うどんつゆ、とろろ昆布、刻みのり、砂糖、塩)
  • お菓子(チョコレート、ビスケット)
  • インスタント食品(コーヒー、ミートソース)
  • 粉物(小麦粉)
  • 飲料(はちみつレモン濃縮)

(注意) 常設フードドライブでは、未開封で、賞味期限が2か月以上あるものを対象としています。

お問い合わせ

環境まちづくり部千代田清掃事務所 

〒101-0021 東京都千代田区外神田1-1-6

電話番号:03-3251-0566

ファクス:03-3251-4627

メールアドレス:seisoujimusho@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?