• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 暮らし・手続き > 戸籍・住民の手続き > 住民登録と証明 > マイナンバー通知カード > 東日本大震災による被災者、DV・ストーカー行為・児童虐待等の被害者、一人暮らしの長期入院入所者の方で、事前に居所登録申請手続きを行うことができなかった方へ

ここから本文です。

更新日:2018年1月17日

東日本大震災による被災者、DV・ストーカー行為・児童虐待等の被害者、一人暮らしの長期入院入所者の方で、事前に居所登録申請手続きを行うことができなかった方へ

「東日本大震災の被災者」「DV・ストーカー行為・児童虐待の被害者」で住民票上の住所地以外に避難されている方や、「一人暮らしで長期間病院や施設に入院・入所しており、住民票上の住所地には誰もいない」といったやむを得ない理由により、住民票上の住所地で通知カードの受け取りができない方については、事前に居所登録申請を行うことで、登録した居所あてにマイナンバー通知カードを送付することができます。

この事前の居所登録申請を行っていない方の通知カードは、住民票上の住所地に送付されています。この場合、住民票上の住所地で通知カードを受け取ることができないケースや、住民票上の住所地にDV・ストーカー行為・児童虐待の加害者が居住している場合、加害者が通知カードを受け取ってしまうケースが生じることが想定されます。そのような事態を未然に防ぐため千代田区では事前の居所登録申請ができなかった方へ、次のとおり対応を行っています。

現在お住まいの場所(居所)への通知カードの再送付

次のような事情がある方は、現在お住まいの場所(居所)を登録することで、住民票上の住所地に届かず区に返戻された通知カードを指定の居所に再送付します。ただし、区に返戻後3か月を経過した通知カードはお渡し期間が終了しています。この場合、通知カードを受け取るためには再交付手続きを行う必要があり所定の再交付手数料(500円)がかかります。

  • 東日本大震災により被災し、住民票上の住所地以外の場所へ避難している方
  • DV・ストーカー行為・児童虐待の被害者で、住民票上の住所地以外の場所へ移動している方
  • 医療機関や施設等への長期の入院・入所が見込まれ、かつ、住民票上の住所地に誰も居住しておらず、通知カードの送付を受けることができない方
  • その他、やむを得ない理由で住民票上の住所地において通知カードの送付を受けることができない方(やむを得ないと認められる理由ではない場合は申請できません)

申請の流れ

千代田区に住民票がある方の場合、居所に通知カードを再送付するための手順は次のとおりです。居住していない場所への通知カードの再送付はできませんのでご注意ください。

  1. 通知カードの送付先に係る居所情報登録申請書(PDF:155KB)」を入手し、氏名・居所・やむを得ない理由などの情報を記入してください(申請書は総合窓口課でも配布しています。また、他の市区町村の通知カード担当課でも配布しています)。
  2. 申請書と必要書類を下記の提出先へ持参または郵送してください。申請書・添付書類に不備がある場合受け付けできませんのでご注意ください。なお、返戻されてから3か月を経過した通知カードは再交付扱いとなり、再交付手数料(500円)が発生します。

必要書類

  • 申請者の本人確認書類(運転免許証など)
  • 居所に居住していることを証する書類(公共料金の領収書など)
  • 代理人の代理権を証明する書類(委任状など、代理人が申請する場合<参考:通知カードの送付に係る居所情報登録申請代理人選任届(PDF:81KB)>)
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証など、代理人が申請する場合)
  • 再交付手数料500円(郵送の場合は500円分の定額小為替を同封してください)

詳しくは、通知カードの送付先に係る居所情報登録申請書(PDF:155KB)に記載の注意事項を必ずご確認ください。

居所登録申請書の提出先

持参の場合

千代田区役所2階総合窓口課
受付時間(日曜・祝日は閉庁)
平日:午前9時~午後6時30分
土曜日:午前9時~午後4時30分

郵送の場合

次のあて先へ郵送してください。
〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1
千代田区役所 総合窓口課 住民記録係 居所登録申請担当

DV等の加害者の手元に通知カードが渡ってしまった場合

DV・ストーカー行為・児童虐待等の加害者の手元に通知カードが渡ってしまい、マイナンバーが今後悪用される可能性がある方は、「通知カードの送付先に係る居所登録申請書」の他に「番号変更請求書」をあわせて提出してください。変更後のマイナンバーが記載された通知カードが、居所あてに送付されます(「番号変更請求書」の提出がない場合は、当初付番されたマイナンバーが記載された通知カードが居所あてに送付されることとなります)。

(注意) 「番号変更請求書」は、ご相談いただいたうえ市区町村の窓口のみでお渡ししています。

住民票の移動のお願い

生活の本拠が居所地にある方は、住民票のある区市町村から居所地のある区市町村への転出入手続きをご検討ください。転入先の区市町村で通知カードを受け取ることができます。すでに居所地にお住まいの方は、転出手続きを郵送で行うことも可能です。

DV・ストーカー行為・児童虐待被害者の方は、転入手続きと合わせて、転入した区市町村に支援措置の申出を行ってください。申出により支援対象者となったときは、加害者が転入先の新しい住所を知ろうと試みた場合、「住民基本台帳の一部の写しの閲覧」「住民票の写し等の交付」「戸籍の附票の写しの交付」の請求を制限する措置が講じられます。特に加害者など第三者が運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を保有している可能性がある場合には、第三者による「なりすまし」が起こるおそれがあります。現在お住まいの場所(居所)のある区市町村への転入と支援措置の申出をご検討ください。

参考

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部総合窓口課住民記録係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4200

ファクス:03-3264-0210

メールアドレス:sougoumadoguchi@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?