更新日:2020年5月14日

ここから本文です。

令和2年5月25日 通知カード廃止のお知らせ

令和2年5月25日(月曜日)にマイナンバーをお知らせする紙製の通知カードが廃止され、通知カードの発行、再交付申請、氏名や住所などの記載事項変更手続きが終了します。

終了する手続き

  • 新規発行、再交付申請
  • 氏名や住所などの記載事項変更届

引越しや婚姻などで氏名や住所に変更がある方や、再交付申請を希望される方は、5月22日(金曜日)までに総合窓口課または各出張所で手続きをしてください。

通知カードの記載事項変更に必要なもの

本人もしくは同一世帯員が手続きする場合

  1. 通知カード表面記載事項変更届(窓口でお渡しします)
  2. 届出人の本人確認書類

代理人が手続きする場合

  1. 通知カード表面記載事項変更届(窓口でお渡しします)
  2. 届出人の本人確認書類
  3. 委任状

(注意) 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、総合窓口課および各出張所の窓口開庁時間が変更となっています。詳しくは、総合窓口課・出張所の窓口開庁時間のページをご覧ください。

既に発行された通知カードの取扱い

令和2年5月25日(月曜日)以降、最新の氏名や住所が記載されている通知カードは、マイナンバーを証明する書類として引き続き使用することができます。

廃止後に氏名や住所に変更があった場合

お持ちの通知カードは、マイナンバーを証明する書類として使用することができなくなります。

マイナンバーを証明する書類が必要な場合は、マイナンバーカードまたはマイナンバーが記載された住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書を取得してください。

廃止後に通知カードを紛失した場合

通知カードの紛失などにより、マイナンバーが漏洩し不正に用いられるおそれがあると認められるときは、マイナンバーを変更することができます。

詳しくはお問い合わせください。

廃止後に通知カードの返納が必要となる場合

国外へ転出する場合またはマイナンバーカードの交付を受ける場合、廃止後も通知カードを返納する必要があります。

廃止後のマイナンバーの通知方法

令和2年5月25日以降に出生や海外からの転入で、初めて住民票にマイナンバーが付番された方には、「個人番号通知書」を郵送し、マイナンバーをお知らせします。

「個人番号通知書」は、通知カードと異なり、マイナンバーを証明する書類として使用することができません。

廃止後のマイナンバーを証明する書類

通知カードを受け取ることができなかった場合

郵便局での保管期間内に受け取りに来なかった通知カードは、郵便局から千代田区に返戻されます。

廃止日以降も、返戻された日から原則3か月保管していますので、受け取りが必要な方は総合窓口課までお越しください。

詳しくは、マイナンバー通知カードをお受け取りにならなかった方へのページをご覧ください。

お問い合わせ

地域振興部総合窓口課住民記録係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4200

ファクス:03-3264-0210

メールアドレス:sougoumadoguchi@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?