• 文字の大きさ・色を変えるには
  • 音声読み上げ
  • English
  • 中文
  • 한글
  • 千代田区コールセンター
  • 電話 03-3264-3910 年中無休 朝8時から夜9時まで

ホーム > 暮らし・手続き > 税金 > 住民税 > 延滞金について

ここから本文です。

更新日:2016年12月21日

延滞金について

延滞金とは

住民税(特別区民税・都民税)や軽自動車税などの区税には、税目ごとに納期限が定められています。納期限は、納税通知書(税額通知書)や、最初にお送りする納付書(納入書)に記載しています。
これら区税を、納期限までに納税しないことを滞納といいます。区税を滞納すると、納期限までに納めた方との公平性を保つため、本来納めるべき税額のほかに、延滞金もあわせて納めていただくことになります。

延滞金の計算方法

延滞金は、滞納税額を計算の基礎として納期限の翌日から納付(納入)される日までの日数に応じて計算します。なお、延滞金の割合については以下のとおりです。

延滞金の割合

期間 (1)納期限の翌日から1か月以内 (2)1か月を経過した日以降
平成22年1月1日~平成25年12月31日 4.3パーセント 14.6パーセント
平成26年1月1日~平成26年12月31日 2.9パーセント 9.2パーセント
平成27年1月1日~平成28年12月31日 2.8パーセント 9.1パーセント
平成29年1月1日~ 2.7パーセント 9.0パーセント

(注意)平成26年1月1日から、延滞金の割合が以下のとおり変更になりました。

  1. 特例基準割合に年1パーセントを加算した割合(加算した割合が7.3パーセントを超える場合は、年7.3パーセントの割合)
  2. 特例基準割合に年7.3パーセントを加算した割合

特例基準割合とは、租税特別措置法第93条第2項の規定により、財務大臣が告示する割合(各年の前々年の10月から前年の9月までの国内銀行の新規の短期貸出約定平均金利の平均)に、年1パーセントを加算した割合です。

延滞金の計算式

  1. 納期限の翌日から1か月以内に納付(納入)された場合
    延滞金額=滞納税額×延滞金の割合×日数÷365
  2. 納期限の翌日から1か月を超えて納付(納入)された場合
    延滞金額=上記1+(滞納税額×延滞金の割合×1か月経過後の日数÷365)

(注意)

  • 滞納税額が2,000円未満であるときは、延滞金はかかりません。
  • 滞納税額に1,000円未満の端数があるときは、計算の際その端数を切り捨てます。
  • 算出した延滞金額が1,000円未満であるときは、延滞金はかかりません。
  • 算出した延滞金額に100円未満の端数があるときは、これを切り捨てます。

延滞金の計算例

平成28年度特別区民税・都民税の第4期(平成29年1月31日納期限)220,800円を、平成29年4月20日に納付した場合の延滞金の計算は、以下のとおりです。

(220,000円×2.7パーセント×28日÷365日)+(220,000円×9.0パーセント×51日÷365日)=3,222円
納付すべき延滞金は3,200円です(100円未満切り捨て)。

お問い合わせ

地域振興部税務課納税促進係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4193

ファクス:03-3264-4085

メールアドレス:zeimu@city.chiyoda.lg.jp

地域振興部税務課特別整理係

〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1

電話番号:03-5211-4194

ファクス:03-3264-4085

メールアドレス:zeimu@city.chiyoda.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?